野菜炒めは、自炊初心者さんでも簡単に作れる定番メニュー。材料費が安いうえ、栄養バランスも良いので文句なし!の一品です。

とはいえ、さすがにいつも塩・コショウの味付けでは飽きてしまいますよね。そこで、調味料や食材を「ちょい足し」するだけで全く違う味を楽しめる、野菜炒めのアレンジレシピにタウンワークマガジン編集部が挑戦しました!

まずは基本の野菜炒めから

まずはアレンジする前の、シンプルな野菜炒めを作ってみます。

最近はスーパーだけでなくコンビニでも、野菜炒め用の食材セットが売っています。人参、キャベツ、ピーマン、きのこなどがカットされた状態で入っているため、包丁&手間いらず!

これをそのままor豚肉と一緒に炒めて、全体的にしんなりしてきたら、塩コショウで味をつけるだけで完成です。
さて、これから挑戦するアレンジレシピは、これをベースに「ちょい足し」していきます!

アレンジ1 深みのある味わい!和風野菜炒め

■ちょい足しする食材
インスタントのお吸い物の素
塩こんぶ

「基本の野菜炒め」の塩コショウを振るタイミングで、インスタントのお吸い物の素と塩こんぶを投入! 手早くかき混ぜて、全体に味を馴染ませます。

お皿に盛りつけてから、さらに塩こんぶをてっぺんにのせると、盛り付けもイイ感じに仕上がります。

う~ん、松茸の香りが食欲をそそる…。食べてみると、全体に和のテイストがなじんでいて、基本の野菜炒めより格段に風味が良いです!

ちょい足し食材は振り入れるだけなので、余計なお皿を使う必要が無く洗い物も楽ちん。さらに、ちょい足しした食材は保存が利くので、余ってもOKなところも高ポイントです。コスパの高さはアレンジレシピの醍醐味ですね!

アレンジ2 こってり好きな男子に贈る! 味噌マヨ野菜炒め

■ちょい足しする調味料
味噌
マヨネーズ

つくり方は、塩コショウの代わりに味噌とマヨネーズを入れ、豪快に混ぜるだけ! ただし味を均一にするために、事前に2つの調味料を混ぜてから、フライパンに投入しましょう。

ちなみに味噌を買っても使いきれないという人は、インスタントのお味噌汁を買うと便利味噌が小分けになっているし、出汁も入っているので味に深みが出ます。

食べてみると、まろやかながらも味がしっかりついていてウマい!良い意味でB級な味で、ビールのおつまみにもなりそうです。

アレンジ3 暑い時期にもピッタリ。四川風!?ピリ辛野菜炒め

■ちょい足しする調味料
豆板醤
山椒

本場の四川料理で使われているのは花椒ですが、売っているところを探すのはちょっと億劫。今回は手に入りやすい山椒で代用します!

基本の野菜炒めの最後に、豆板醤を入れてよく味を馴染ませます。辛くなりすぎないよう、豆板醤の量は慎重に調整を! 最後に、味を見ながら山椒をふり入れて、できあがりです。

ただ辛いだけではなく、風味の良い山椒の存在感がしっかりあって、まさに四川風!白いご飯がどんどん進む、パンチのある味わいです。

アレンジ4 栄養満点!洋風野菜炒め

■ちょい足しする食材
プチトマト
オイルサーディン

オイルサーディンは、イワシを塩水に浸けた後、オイル煮にしたもの。缶詰のものは、200円ほどで購入できます。

豚肉と野菜にざっと火が通ったら、オイルサーディンとプチトマトを投入。全体的にしんなりするまでいためて、塩コショウで味を整えたら完成です。

トマトと魚が加わって、ボリュームも栄養も満点な野菜炒めになりました。サーディンのクセのある味は、トマトの酸味と相性ばっちり!アンチョビなど、他の魚系缶詰に変えても楽しめそうです。

コスパも高くて簡単・楽しい! ぜひ挑戦してみよう

一人暮らしのテッパン料理「野菜炒め」で、これほどバリエーション豊かな味を楽しめるとは! コスパも高くて、しかも楽しいアレンジレシピ。「ちょい足し」するだけなので、時間は10分ほどしか掛かりません。自炊初心者さんも、ぜひ挑戦してみては?

文:平岡あみ(エフェクト) 企画:エフェクト

この記事を書いたユーザー

タウンワークマガジン編集部 このユーザーの他の記事を見る

タウンワークマガジンは、アルバイトや転職に関心のある人のためのニュースや仕事探しのノウハウ、おもしろコラムを配信中。タウンワークはあなたのアルバイト・バイト・社員・パート・派遣の仕事/求人を探しを応援しています。https://townwork.net/magazine/

得意ジャンル
  • マネー
  • ライフハック
  • グルメ
  • 料理
  • 暮らし
  • コラム

権利侵害申告はこちら

Spotlightのライターなら1記事最大3000円もらえる!日本最大級メディアでライターデビューのチャンス