記事提供:conobie

共働き。仕事内容は違えど、どちらも同じくらい疲れて帰ってきます。だけど妻は帰ってからも休むヒマはありません。そんな妻へかけたやさしい言葉も実は地雷だったりするかもしれませんよ…

優しい言葉をかけたつもりでも…

フルタイムで働く私は、起きた時から寝るまで戦場です。

特に仕事で大変だった日は、退社時間にはすでに抜け殻状態。
晩御飯の用意など考える気力もありません。

そんなときは夫に何気なく「疲れた」アピールをして、
あばよくば
「じゃあ食べに行こうか」とか
「ヨシ、今日はオレが作るよ」的な返しを期待してみるのですが…

いやあのその…それでもご飯、作らせようというのですかい。

夫は気を使って優しい言葉をかけたつもりでしょうが
妻にしてみれば「地雷」かもしれませんよ。

気を付けましょうね…

家事に「待った」はなし!

結局疲れていようが、なんだかんだと家事を黙々とこなしてしまう性分の私。

せめて山積みされた洗濯物くらい畳んでほしいものですよね。
子どもに言えばもちろん手伝ってくれますが、
できれば夫に家事協力してもらいたいのでお願いするんですが…

疲れてるのは私も同じですが何か……。

家事に待ったはないのです。
100歩譲って、あとでやってくれたとしても、
スマホいじったり、どうみても自由時間を満喫してる夫は
妻の「地雷」をじわじわ踏んでるかもしれませんよ。

気を付けましょうね。(大事なことなので2度言った)

もちろん世の中には家事育児に積極的な人もいるし
私も一生懸命お仕事頑張ってくれてる夫にはとても感謝していますよ、ホホホ。

権利侵害申告はこちら

Spotlightのライターなら1記事最大3000円もらえる!日本最大級メディアでライターデビューのチャンス