■最近何かと話題の「水素水」

出典 http://suiso-p.jp

水素水とは、その名の通り「水に水素を含ませた」もの。学術的には、「水素豊富水」と呼ばれ、水(H2O)にある一定以上の水素(H2)が含まれたものを指すようです。

この水素水、なにやら健康にいいということで、様々な商品が売られています。

身体をサビつかせて老化を進める存在として「活性酸素」が話題になりました。これをとり除いてくれるという効果が、水素に期待できるのです。
活性酸素がすべて悪いというわけではなく、そのなかでも細胞やDNAを傷つけてしまう悪玉活性酸素(=ヒドロキシラジカル)に強力な酸化作用があり、人体に影響を与えます。

水素水は、このヒドロキシラジカルのみを選んで結合し、水に変換されて身体の外に排出されるという特徴がある
のです。多くの病気の原因になる悪玉活性酸素。その原因を直接減らしてくれる水素水は、私たちの心強い味方になってくれることが期待できます

出典 http://www.skincare-univ.com

このように、一定の効果は期待できるようですが、実際胡散臭いものもたくさん。多くの広告がSNSなどでさらしあげにされています。

そんな中、水素水に関するある広告がまた話題となっています。投稿されたのはツイッターユーザーの「マイキー」さん。明らかにおかしなその広告の内容とは…

■そのツイートがこちら

水素水に錆びた昭和六十二年10円硬貨を1分漬け込むと昭和四十五年10円硬貨になるマジックかな?

出典 https://twitter.com

この文章とともに投稿された「水素水」の広告と思われる写真が下になります。

水素水に10円玉を漬け込むと…

出典 https://twitter.com

なるほど、まるで新品のようにきれいになるという表現なんですね。

ただ、よく見てみると、最初は昭和62年の硬貨だったはずが、1分後の綺麗になったものでは昭和45年の硬貨に…。うん。不思議です!

さらに1時間後、すっかり新品同様になった10円玉。その発行年は光の兼ね合いで見えませんが、一体どうなっているのか…。

■この広告に大きな反響が

これでレア硬貨を生み出せる

!!
そんな使い道が!

ギザ10にも…?

なるほど、可能性はある!

これぞ若返り!

確かにその通り。名実ともに若返っています。

いろいろ方法はあるけど、水素水の勝ち

お酢とか、塩酸とか、いろいろありますけどね。さすがに製造年までは…

雑すぎる

もう「やっつけ」感がすごいですね。

そもそもそんな液体飲むのはやばい

たしかに体にわるそう…

あえてやっている可能性

なんとも、よく考えられたというかなんというか…

■ちなみに、別のこんなツイートも話題に

エセにはエセで対抗せよ!

確かに、家族がこういったエセ商品に引っかかりそうなときは、あえてエセ科学で対抗するのが一番かもしれません。

もちろん、「水素水」として売られている商品のすべてがおかしなものであるというわけではありませんが、くれぐれも変な商品を掴まされないようにしましょうね。

この記事を書いたユーザー

ももかん このユーザーの他の記事を見る

なるべく波風立てないように生きる事が信条の30代(♂)です。軽い気持ちで読める記事を心がけたいと思います。

得意ジャンル
  • 話題
  • インターネット
  • 暮らし
  • おもしろ

権利侵害申告はこちら

Spotlightのライターなら1記事最大3000円もらえる!日本最大級メディアでライターデビューのチャンス