記事提供: SILLY

え、なに?え?そういうこと?指紋を「ッピ」で「カチャッ」っと外れるってこと?
もしかしたら近未来は、すべての銃に生態認証が取り付けられるかもしれませんよ!

Sentinl社は銃のトリガーにロックをかける製品IdentiLockを発表しました。ロックの解除には指紋認証を用い、オーナー以外は絶対に拳銃を撃てない仕組みを実現したわけです。

出典 YouTube

CESのハードウェアコンペで発表されたIdentiLockは、アメリカのオバマ大統領が考える「スマートガン」の第一歩になるかもしれない。最も、オバマ大統領が考えている「スマートガン」は、生態認証ロックはもちろんのこと、位置情報で追跡なども考えられている。

なるほど、大きさはちょっと大きめな作の感じです。緑のLEDや赤いライン、黒いボディーがなんともくすぐってくれるぅう!
IdentiLockはすでに予約可能で、一つ319ドル程度(対応する銃の種類によって値段が異なるようです)で販売されています。製品は2016年の夏に発送され、手に入るということです。
指紋認証の製品が普及していけば、子供による誤射などの事件もなくなってくるでしょう。この製品は、そういった事件からも守る要となってくる物です。

この記事を書いたユーザー

SILLY 編集部 このユーザーの他の記事を見る

世界中で起こる最新イノベーションを テクノロジー、ガールズ、カルチャーの視点から
配信するミレニアルマガジン「SILLY」です。
https://silly.amebahypes.com/

得意ジャンル
  • インターネット
  • ライフハック
  • カルチャー
  • エンタメ
  • ファッション
  • コラム
  • おもしろ

権利侵害申告はこちら

Spotlightのライターなら1記事最大3000円もらえる!日本最大級メディアでライターデビューのチャンス