記事提供:長谷川豊 公式ブログ

個人的にはもう無理だと思っていますが、百分の一くらいの確率で…日本の経済は復活できる可能性があるかもしれません。

そんな希望の持てる特集を、私がキャスターを務めるテレビ大阪の夕方のニュース番組『ニュースリアル』で行いました。その内容をお話しします。

まずこちらをご覧ください。

日本がどれだけ絶望的な勢いで少子高齢化が進むか、ということを示したデータです。私のコラムを見てくださっている方々はもうすでに皆さん、ご存知のデータですよね。

はっきり言って、絶望的なグラフです。

これにより、日本の「社会保障費」は加速度的に増大していきます。若者たちがどれだけ経済を成長させていっても、

それを押し下げる効果(「オーナス現象」)の方がはるかに大きいために日本経済はもう救えない状況である、というのが私の持論であることはすでに何度も説明してきました。

加えて日本は「資源のある国」ではありません。要は、石油などがジャンジャン湧き出る国ではありません。

なので、経済の基礎中の基礎ですが、本来はこういった国は「人間を資源」にしていくしかないので「小さな政府」を目指すものなのですね。

つまり稼いだ金を国が大量に巻き上げるのではなく、出来るだけ国民に使ってもらって経済というか…

お金(人間の体で言えば「血液」のようなもの)をよく回るようにするのが常識なのですが…日本政府はバラまきを続け過ぎてしまったのですでに借金は1000兆円超え。

借金返済と増え続ける社会保障費で25年から30年で限界が来ると思いますよ~というのが私の持論です。

じゃあどうするのかって話なのですが、こちらも基本的な話になるのですが「人口がオーナス状態の国」の経済を回復させるためには「外貨を獲得する」しかないんですね。そりゃそうですよね。国内で回るお金は絶対に減っていくのだから。

今、日本の経済は少し安倍さんになって回復しています。理由は単純で株価を上げたことと、信じられない人数の海外からの旅行客(特に中国人)が来ている効果が大きいわけです。

中国人が買い物をしてくれれば、日本国内にもともと100兆円しかなかったお金のはずが、5兆円の買い物をしてくれた場合、翌年、日本国内には105兆円のお金が回ることになります。もちろん、そんな単純な計算じゃないんですけど。

今の日本にとって「外貨獲得」は可能な限り早急に進めなければいけない政策なんですが、「カジノ法案」すら未だに国会の中でグデグデやってる訳で…頭が痛くなります。

頼むから少しは勉強してくれよ、という感じ。カジノなんて京都と奈良、それに沖縄を抱えている日本にあれば、どれだけの観光立国化できるか分からないかなぁ…。

ですが観光だけでそこまでの収入を得ることは絶対にできません。

結局は戦後の経済成長時代の日本のように「物を作って売る」ことが世界に対してできないと全然ダメな訳ですが、車業界は頑張っているのに、家電業界が全然ダメになってしまったことが大きな経済失速の原因だと私は見ています。

しかし。

ほんの少しだけなのですが…私は光明があるような気がしています。この商品、皆さんご存知ですか?

おいおい。長谷川、ついにブログでショッピングサイトでも立ち上げたか?なんて声が飛んできそうですが…違いますからね?これですね…。

タイガーの出した最近のヒット作品の一つで、

ご飯と一緒に、おかずも作れますよ~って炊飯器なんですけれど、もともと若者の一人暮らし用に使えるかな~というイメージで商品開発がされたらしいんですが…ふたを開けてみれば

お年寄りに大人気。

やっぱり、一人暮らしの老人が増えているわけで、その老人たちの食生活って、特徴があるんですよね。若者と違って…「硬いものよりは柔らかいものがウケる」わけです。

この炊飯ジャーを使って作られたハンバーグや野菜は、ご飯を炊くときの蒸気で一緒に熱してしまうので、かなり柔らかく仕上げることができるので、気が付いたら若者よりも高齢者たちにウケてたんですよね。

さて、ここで私は思ったんです。

あれ?日本、これはヒントになるんじゃないか?って。

日本は超の付く高齢化社会です。これはますます進んでいくわけです。

でも、実は高齢化社会って現象はそもそも世界中で起きていまして…こちらを見ていただくと分かるのですが

日本は最悪なのですけれど、そもそも世界ってめちゃめちゃに「高齢化現象」が起きているのです。

この炊飯ジャーがどうのこうのっていう訳じゃないんですが、もしこれからの日本で「ご高齢者にゴリッゴリにヒットする商品」が生まれた場合…

それって、今後は世界中で売っていける可能性があるんじゃないでしょうか?だって、高齢化社会的には「先進国」な訳で。

再び、ジャパンブランドが世界を席巻するようになった場合、日本の経済は少しは延命できるような気もします。

カジノ法案をとっとと通して、世界中からギャンブルバカを集めてお金を落とさせまくり、その間に「老人にヒットする商品」を作り上げてそれを世界に売りまくる。

そうやってモルヒネを投与するようにごまかしているうちに、移民やN分N乗方式を使って少子化を劇的に回復させれば…あとは借金だけ何とかすれば…

なんて考えは甘いことは現実的に分かってるのですが、ついつい想像してしまいました。

子供らにね~。

いい日本を残してやりたいんですが…どうしたものか。

権利侵害申告はこちら

Spotlightのライターなら1記事最大3000円もらえる!日本最大級メディアでライターデビューのチャンス