記事提供:まぐまぐニュース!

楽しい連休に予定していた子どもとの約束。でも、急な仕事で行けなくなってしまった…なんてこと、どのご家庭にでもあることですよね。そんな時の「親の態度」をお子さんはしっかり見ています。

無料メルマガ『子どもが育つ「父親術」』では、「子どもだから」などと思わず、仕事の相手に対するように誠実に接するべきと記しています。

予定変更

泊りで旅行に行く、といった大きなお出かけだけでなく、動物園・遊園地・科学館などに行く、お弁当持って公園へ、友だちと遊ぶ、どれも子どもにとっては、楽しみな予定です。

ですが、やむを得ない事情で中止・延期・変更することも、時にはありますよね。そんな時に、こんなふうに言っていませんか?

「あ、日曜の映画、行けなくなったから」
「明日のお出かけ、お母さん用事ができたから、また今度ね」

子どもがぶーぶー言い出したら、

「しょうがないじゃない」
「仕事なんだから、仕方ないだろう」

場合によっては、伝えるのを忘れていて、子どもに言われてから「あ、そうそう、それ無理になった」なんて言っているケースも…(汗)。

でも、ちょっと待ってください。もし、相手が大人だったら、自分の都合で約束を変更・中止しなければならない時に、そんな対応はしませんよね。

丁寧に理由を説明しながら、お詫びをする
はず。同時に代案の提案をすることもあるでしょう。

子どもにも、同様に対応すること、お勧めします。たかが公園、ただの映画、大人にはそう思えても、子どもにとっては、楽しみにしていたイベントです。

丁寧
に理由を説明して、お詫びをして、可能なら代案を出してあげたいところ。

「ねぇミク、明日映画に行くって言ってたでしょ。ところがね、急にお仕事になっちゃったんだ。ミクが楽しみにしていたの知ってるし、パパもすごく楽しみだったんだけど、どうしてもお仕事で困っている人がいて、助けてあげたいんだ。

急に予定を変えちゃって、ごめんね。でも、来週の水曜なら早く帰ってこれるから、学校の後に観に行けるよ。それでもいいかな?」

こうした対応を取ることで、子どもにはいくつかの重要なメッセージが伝わります

マイナスの出来事からも、子どもは親からたくさんのことを学ぶ

ひとつは、「約束は守るべきものだ」というメッセージ。こうした丁重な対応を取るのは「本来なら約束は守るべき」という思いがあればこそ。こうした姿勢を見せることで、「約束は守るべきものだ」というメッセージが伝わります。

もうひとつは、「やむを得ない時は変更しても良い」というメッセージ。約束したことに縛られすぎると、苦しくなってしまうこともあります。「時には柔軟に変更してもいいんだよ」というメッセージは、いつか子どもの救いになるかも知れません。

そして、最も重要なのは、「1人の人間として尊重している」というメッセージ。大人に対するのと同じような対応をしてもらうことで、子どもは「しょせん子ども」ではなく、「一人前の人間」として大切にされていることを実感します。

このことは、自己肯定感・自尊感情を高め、自信を育み、自立心を伸ばすうえで、大きな効果があります。

お出かけの予定だけではなく、子どもとの約束すべて(一緒にテレビを観る、夕飯は唐揚げにする、なども)において、子どもを尊重する気持ちを持って接していただけたら、私もうれしいです!

権利侵害申告はこちら

Spotlightのライターなら1記事最大3000円もらえる!日本最大級メディアでライターデビューのチャンス