服や雑貨を買ったときに入れてもらえるショップバッグってオシャレですよね!

可愛いイラストや模様が付いていたり、カッコいいロゴが入っていたり、それ自体も商品みたい。

意外としっかりした作りだから、何かを持ち運ぶのにも便利です。

でもその紙袋……もったいないから、何かに使うかもしれないからと思っていると、溜まっていく一方ではありませんか?

今回は、溜めすぎてしまった紙袋の活用法をご紹介します!

■取っ手を切って紙袋ボックスに

ショップバッグはほとんどが紙製ですが、厚紙だったり、撥水加工がしてあったり、頑丈なものも多いですよね。

せっかくなら、そのまま使ってしまいましょう!

紙袋の取っ手を切り取り、お好みの高さに合わせて上部を中に折り込めば……。

使いやすい紙袋ボックスのできあがりです!

ほとんど紙袋のままですが、これが意外と優れもの。

このように野菜などを入れて冷蔵庫にしまえば、水分が出て野菜室の中が汚れてしまうこともありません。

頑丈な紙製の紙袋ボックスだからこそ出来ることなんです!

■お気に入りのブランドのものは額に入れてインテリアに

特にお気に入りのブランドのものなら、このように額縁に入れてインテリアにしちゃいましょう。

オシャレなインテリアになりますよ!

■紙袋の収納は“立てて重ねる”

同じくらいのサイズのものは、このように紙袋in紙袋で収納しましょう。お気に入りの紙袋にまとめて入れておくだけなので新たな出費もありませんし、とっても手軽です。

ひと目見て大きさが分かるので、何かに使おうと思う時に、ちょうどよい大きさのものを探すのも簡単になりますよ!

ブックエンドやディッシュスタンドを使うというのもいいですね。とにもかくにも、紙袋は“立てて重ねる”収納方法が一番スッキリまとまるのです。

■これ以上いらない紙袋を溜め込まないために

柄やデザインなどがイマイチ気に入らないものは、ゴミ箱にして必然的に捨てるようにしましょう。ビニール袋を被れば、生ゴミを入れて捨てるのに最適ですよ。

そこそこ気に入っている紙袋は保管用の荷物を入れてクローゼットに収納。かさばらないので便利ですよ!

いつの間にやら大量に溜まってしまう紙袋……。でも、ただ溜め込んでいるだけでは宝の持ち腐れです。

オシャレで使い勝手も抜群なのですから、どんどん活用していきましょう!

この記事を書いたユーザー

Sumai[日刊住まい]編集部公式アカウント このユーザーの他の記事を見る

インテリアもリノベも家づくりも! 「日刊Sumai」(http://sumaiweb.jp/)は自分らしい暮らしが見つかる情報サイトです♡

得意ジャンル
  • インテリア
  • マネー
  • 料理
  • 暮らし

権利侵害申告はこちら

Spotlightのライターなら1記事最大3000円もらえる!日本最大級メディアでライターデビューのチャンス