日本犬といえば、その代表とも言えるのが柴犬。日本国内だけでなく、最近はでは"shiba-inu"や”shia-dog"と呼ばれ、多くの国で愛されています。Instagramで人気の柴犬のまるは、240万人を超える世界中のフォロワーが、まるの可愛らしい写真を心待ちにしています。

そして、最近では柴犬を海外で飼う人も増えてきました。レディー・ガガの愛犬が黒柴だという事は有名ですよね。今回ご紹介するのは、遠く北ヨーロッパ・ノルウェーで暮らす柴犬のナナ。

日本犬には、日本の和風な風景が似合うと思っている人も多いかと思いますが、ノルウェーの大自然の中にいる柴犬も、とにかく美しく可愛いのです。

ナナの飼い主であるクリスティーン・ガスマン(CHRISTINE GASMANN)さんにとって、ナナは初めて飼った犬でした。ナナの可愛さにクリスティーンさんがとことん魅了されてしまうには、時間はかかりませんでした。

子犬のナナの写真を、それこそ毎日山の様に撮っているうちに「この大量の写真をどうしかして整理しなくては」と考え、ナナの専用のアカウントを作る事を思いつきます。

「最初は、自分で写真を整理する為だけにアカウントを作ったの。オンランインのフォトアルバムを作る様な気持ちよ。まさかこんなに沢山の人に、ナナの写真を見てもらえる日がくるなんて思いもしなかったわ」

「ナナの写真を撮ってInstagramに投稿しているうちに、ついに立派なカメラまで買っちゃったのよ」

ナナと出かけ、写真を撮り、撮った写真を選別し、編集加工し、Instagramにアップする、クリスティーンさんの時間の多くは「ナナの為」に費やされているといいます。「それはとても幸せな事よ」

時々、キツネと間違えられてしまう事があるというナナ。真っ白い雪の中にちょこんといる姿は、柴犬を知らなければ確かにキツネの子みたいです。

ノルウェーの美しい風景と、ナナの愛らしい姿、家族の愛情こもった写真は多くの人の心をつかみ、1万2千人以上のフォロワーがナナの写真の更新を待ちわびています。

そして柴犬の表情の豊かさも、多くの人を魅了しているひとつ。

ナナのInstagramは、ほぼ毎日更新されています。和風な柴犬もいいですが、大自然の中で自由に生き生きと暮らしている柴犬も、見ているとなんだか感動してしまいます。

壮大な自然と柴犬、そして愛情溢れる写真たち。「可愛い!」「ナナ最高」などのコメントを見ると、日本人としてちょっと鼻が高い気分になっちゃいます。

ナナのInstagramには、ここでは紹介しきれない素晴らしい写真が沢山あるので、気になった方はぜひ、チェックしてみて下さいね。

この記事を書いたユーザー

Mucoco このユーザーの他の記事を見る

愛犬と一緒に、海を眺めながら暮らしています。

権利侵害申告はこちら

Spotlightのライターなら1記事最大3000円もらえる!日本最大級メディアでライターデビューのチャンス