かつては「あのねのね」として相方・原田伸郎さんとコミックソングを歌い、近年では河口湖畔や無人島に住むなど、すっかり「アウトドア派」として活躍されている、タレントの清水国明さん。災害救援にも積極的で、先ごろ起こった熊本地震の被災地に仮設住宅として「トレーラーハウス」を贈ろうとしておられます。

アウトドアのエキスパートとしての被災地支援

歌手、冒険家、ロードレースライダー、といろいろな顔を持つ清水さん。
特にアウトドアは1990年代から実践しておられ、ファミリー層にも絶大な人気を誇ります。

現在、瀬戸内海の無人島「ありが島」に住みながら”NPO法人河口湖自然楽校”の校長をもされている清水さん。この学校は自然体験や子育て支援、中高年齢者の生きがいづくり支援などをモットーとするNPO法人なのです。
東日本大震災の時も、精力的に被災地支援をされていた清水さん。先日、そのときのブログを読み返していたそうです。

被災地の人がほんとうに欲しいのは「家」と「お金」

その時のブログには、思い切って清水さんが、被災地の人に「本当に欲しいものは何?」と質問したことが書かれていました。
ほんとうに被災地の人がほしいのは水でもおにぎりでも衣類でもなく「家」と「お金」だったのです。
現に、2011年に起こった「東日本大震災」時にも清水さんは「産総研」スマートライフケア・コンソーシアムによる「生きる絆PJ(プロジェクト)」とのコラボで、トレーラーハウス2台を被災地に寄贈された実績もあります。

3.11の東北の大震災の時ずっと書き続けていたブログの原稿をさっき読み返してみました。今と同じように被災者の人たちが本当に望んでいる支援について悩んでいました。
思い切って直接、被災された方に、ざっくばらんに「今、一番ほしいものは何?」と尋ねてみたのです。
その答えは水でもおにぎりでも衣類でもなく、なんと「お金」と「家」でした。

出典 http://www.ks-gakkou.org

仮設住宅建設費用は1戸平均500万円。トレーラーハウスは750万円+輸送関連費用

ところで、仮設住宅は1戸あたり500万くらいの建設費がかかるそうです。一方のトレーラーハウスは1台で750万。スクラップ&ビルドで建設期間もかかる仮設住宅に対してトレーラーハウスなら、車で引っ張るので建設期間の心配はありません。もともと日本では公道を走れなかったトレーラーハウスですが、国交省の規制緩和で、「特殊車両」の申請をすれば走れるようになっています。

でも、その先、”被災地の仮設住宅として使う”という部分では、ほとんど進捗が見られていません。その理由は明らかにされていませんが、「特殊費用申請費用」1台当たり40000円、1日の走行距離夜間200キロで24万円(大型の場合)、出張費24000円(3名)、設置費80000円(料金はあくまでも目安)、トレーラーハウス1台あたり40万近くも輸送費関連がかかってしまうのに何かネックがあるのかな、と想像されます。

アメリカでは一般的な災害時のトレーラーハウス

国土の広いアメリカと狭い日本でははなから比較できる対象にないかも知れませんが、現にアメリカでは、2005年のタイフーン・カトリーナの被害があった際、政府が用意した500万台のトレーラーハウスを現地に移動させ、被災者の方々の仮設住宅として使ったそうです。政府が自らトレーラーハウスを備蓄しているとは、すごいことではありませんか?

標準的な内装のトレーラーハウスはこんな感じ。シングルベッドが2台、ソファ1台、そして簡易的なキッチン。窓は二重窓になっており、遮音性も抜群です。

5月3日、被災地・熊本では仮設住宅の入居抽選が行われ、倍率15.8倍という中、抽選にもれた人が泣いている姿が映し出されていました。~やはりほんとうに被災地の人が欲しいのは家だったんだ~。いかにも気の毒でした。昨日抽選が行われた仮設住宅も、入居は6月中だといいます。それまではあのテント生活を強いられるのです。なんとか他に方法はないものなのでしょうか?1日も早く、被災地の方が安心して眠れる日が来るよう、陰ながらお祈りしております。

この記事を書いたユーザー

zuenmei このユーザーの他の記事を見る

公式ライター。食べること、踊ること、アジア大好きです。わかりやすい記事を目指します!よろしくお願い致します。instagram: https://www.instagram.com/zuenmei/

得意ジャンル
  • インテリア
  • 海外旅行
  • 国内旅行
  • ライフハック
  • おでかけ
  • グルメ
  • 料理
  • 暮らし
  • カルチャー
  • 美容、健康

権利侵害申告はこちら

Spotlightのライターなら1記事最大3000円もらえる!日本最大級メディアでライターデビューのチャンス