「プラスサイズモデル」という言葉をご存知ですか?要するにふくよかなサイズのモデルという意味なのですが、一般のモデルが痩せすぎではないかという意見が出る中、プラスサイズモデルは自然で健康的な印象を受ける人が多い様です。

イスクラ・ローレンス(Iskra Lawrence)さん(25)は、「世界で最も自然で健康的な身体」とも呼ばれ活躍しているプラスサイズモデルです。自然かつ健康的なボディと、彼女のその生き生きとした姿は、多くの女性達の支持を集めていますが、その一方で、ネット上で体型を理由に意地悪なコメントを受ける事も多くあります。

「太った牛」とコメントが

ある日、イスクラさんのInstagramに、ある男性から悪意あるコメントが入りました。イスクラさんの事を名前ではなく「太った牛」と呼び、「プラスサイズモデル?なんだそりゃ。こんな醜い体が許されるのか?こんな無様な体型をさらすモデルがいるから、みんなポテトチップスとかファストフードを食べて不健康になって、国民保健サービスがダメになるんだ」などと書かれたのです。

荒らしと呼ばれる誹謗中傷をしたいだけのコメントなど、無視してしまえばいいと思うのですが、イスクラさんはそうはしませんでした。そしてそのコメントへの返事として、こんな行動をしました。

(ポテトチップスを)やめることができなくてゴメンナサイ

その心無いコメントを紹介すると、ポテトチップスの袋に埋もれて寝ている写真を「(ポテトチップスを)やめることができなくてゴメンナサイ」というコメントと共に投稿したのです。ごめんなさいと書いてはいるものの、笑顔マークの絵文字と共に、皮肉たっぷりに綴りました。

インスピレーションを与えてくれてありがとう!

さらに、これ見よがしにポテトチップスを食べ、中指を立てるスローモーション動画も投稿。皮肉たっぷりに「インスピレーションをありがとう!」とコメント。

あなたの価値を決めるのはあなた自身よ

そしてそれらの投稿に「私は、ポテトチップスも食べるけれど、大食いもしないし、健康的な食事をして、しっかりトレーニングを欠かさないわ」とコメント。そして「私と同じように太っていると言われたことがある人たちへ。あなたの価値を決めるのは、あなた自身だけよ!」とメッセージを送りました。

この投稿は1週間で約10万件の「いいね!」を集め、メディアでこの投稿が紹介されると更に賛同する人が増え、1ヶ月で100万を超える「いいね!」がつき、まだまだ増え続けています。

悪意ある誹謗中傷の声に対し、無視もせず、怒りで返すのでもなく、冷静にユーモアたっぷりに反論した事で、世界中から「なんだかスカっとしたわ!」「最高!これが本当の美しさよ」「かっこいい」などの賞賛の声も集まっています。

「太りすぎだ」という理由で、以前に所属していたモデル事務所を解雇された過去もあるイスクラさん。国立摂食障害協会の活動家でもあり「自分の肉体をポジティブに受け入れる事で生まれる女性の真の美しさ」を広める活動も行っています。

現在は、その健康的なスタイルが支持を集め、米国大手下着ブランド・Aerieのイメージモデルにも起用されたイスクラさん。

どうでしょう?イスクラさんの体は、太り過ぎでしょうか?一般のモデルの様に細い体ではありませんが、その姿は醜いですか?溢れんばかりのポジティブで健康的なパワーが伝わってきて、本当に美しくはないですか?もしイスクラさんが、同じ体型でも、コンプレックスに感じて過ごしていたら、この美しさは滲みでてこないと思います。そう、自分の価値を決めるのは自分自身。そして誰もが、美しく輝く存在になれるのです。

イスクラさんのInstagramには、パワーをもらえる素敵な写真が沢山です。ぜひ、チェックしてみてくださいね。

こちらの記事もオススメです。

この記事を書いたユーザー

Mucoco このユーザーの他の記事を見る

愛犬と一緒に、海を眺めながら暮らしています。

権利侵害申告はこちら

Spotlightのライターなら1記事最大3000円もらえる!日本最大級メディアでライターデビューのチャンス