出典 http://avex.jp

あまりの忙しさにMV(ミュージック・ビデオ)を作る暇がなかったというglobeの名曲「DEPARTURES」が20年の時を超え遂に製作・公開されました。globe20周年プロダクトの一つでもあるこのMV。現在のファッション・アイコン三吉彩花さんを主演に迎え女性の持つ"強さ" "美しさ" "切なさ"を描いたストーリーとなっています。

雪深い村で生まれ育つ。彼女は清廉でありたいと願っている。
いろんな誘惑や、好奇心、時代の流れからも目を逸らしている。
なぜなら、一度スイッチが入ってしまうと止められない自分がいるのがわかっているから。

出典 http://avex.jp

もう一人の自分をなだめすかしながら淡々とした日々を送る。退屈な日常と色の無い青春。やり場のない情熱。それらをごまかすために、彼女は心の中で叫ぶ。
「これが私の人生。私は多くを望まない」
そして、彼女はある男と恋に落ちる。彼女の世界は一変した。色の無い世界に自分の居場所を見つけることが出来た。
愛し、愛されることで満たされる日々。自分の事も初めて好きになれた。その男は全てを与えてくれた。
新しい世界。彼女は心に誓う。
「私は、この人と一生を添い遂げる」

出典 http://avex.jp

そして、彼女は裏切られる。
ある日、男は別の女とこの村を出て行った。
彼女にとって人生そのものだった男。女としての意味、この村で生まれた運命、その全ての答えだったその男。
彼女の価値はゼロになった。
そして彼女は、家を飛び出した。

出典 http://avex.jp

雪山に響くKEIKOさんのせつない歌声、愛されて彩られた世界を愛した男性に奪われた女性の剥き出しの感情と悲劇を描いたMV。

主演女優の三吉彩花さんが生まれた96年にリリースされた「DEPARTURES」ご両親がglobeが好きでよく聴いていたということで特別思い入れのある作品となったそう。それでは公開された「DEPARTURES」のMV是非ご覧下さい。

globe / 「DEPARTURES」(主演:三吉彩花)

出典 YouTube

いかがでしたか?今作のテーマは「愛の世界が引き起こす悲劇。その悲劇からの脱却」失恋の悲しみと絶望はどこまでも限りなく果てしなく…

ミリオンヒットを飛ばしがらも忙しさのあまり「DEPARTURES」のMVが作成できなかったことを心残りに思っていた小室哲也さんも大満足なのではないでしょうか。主演女優の三吉さんもこの作品に対してのコメントを発表

「お話をいただいた時はとてもうれしかったです。歌詞の意味やのメロディーを大切にしたかったので、自分なりによく考えて演じました」と撮影を振り返り、「あれほど泣くお芝居をする経験はなかなかないので、思い切り演じました。極寒の中、スタッフの皆さんと一緒に頑張れたので、とてもいい作品になったと思います」

出典 http://headlines.yahoo.co.jp

電車の中って猟銃持って乗っていいの?しかも剥き出し?という突っ込みはさて置いて、三吉さんの愛の重さ、深さを感じさせてくれる演技に胸が締め付けられます。2011年、KEIKOさんがくも膜下出血に倒れるも、立ち止まることなく新たな挑戦を続けるglobe。いつの日か3人が笑顔でまたステージに戻ってくる日を楽しみに益々のご活躍を期待しています。

Thanks for reading to the end。

オススメ記事も合わせてどうぞ♪

この記事を書いたユーザー

パトリシア このユーザーの他の記事を見る

主にスポットライトで書かせて頂いています。
ありがとうございます。
Twitterアカウント開設しました。
よろしくお願い致します。

得意ジャンル
  • 話題
  • 社会問題
  • 動物
  • ライフハック
  • おでかけ
  • グルメ
  • 料理
  • おもしろ

権利侵害申告はこちら

Spotlightのライターなら1記事最大3000円もらえる!日本最大級メディアでライターデビューのチャンス