以前ご紹介したディズニーキャラが昔の日本で暮らす素敵なアート。

作者であるジョン・ラミレス(John Ramirez)さんは、ディズニー社のストーリーボード・アーティストであり、米・ディズニーランドのライオンキングやアラジンなどのアトラクションをデザインした人。

そんなジョンさんは、実は宮崎駿監督の大ファン。好きすぎて、ついに「となりのトトロ」のアトラクション「トトロ・ライド(Totoro ride)」を作っちゃいました。

出典 http://kotaku.com

作ったといっても、あくまでジョンさんの頭の中のアトラクションなのですが、これがめっちゃ楽しそうなのです。

出典 http://golem13.fr

右下がアトラクションの入口である「サツキとメイの台所」です。どんぐり型のシートに座ってトトロの世界を体験する、ライド型アトラクションの様ですよ。

出典 http://golem13.fr

どんぐりバギーに乗って最初に向かうのは、お父さんの書斎。そのまま庭に出ると、小トトロを追いかけるメイの姿が!バギーはその横を抜けて、秘密の入口であるトンネルの中へ。

出典 https://www.instagram.com

トンネルの中を抜けるとお昼寝するトトロ。お腹の上で気持ち良さそうに昼寝するメイを眺めながら、更に先に進みます。このエリア、クルクルとどんぐりバギーが回転してて楽しそう!

トトロ達と一緒に木の芽をどんどん成長させるシーンを抜けて、オカリナの音色を聴きながら夜空のお散歩です。

出典 http://www.momes.net

ネコバスと一緒に駆け回ると、大トトロに捕まって飛ぶサツキとメイの姿が見えてきます。ここはプロジェクションマッピングを使った立体映像の中を走り抜ける事ができるエリアの様です。めちゃくちゃ楽しそう!!!!

出典 http://kotaku.com

最後は画像の一番右の暗い部分、まっくろくろすけのお引越しを見ながら、楽しかった冒険はおしまいです。どうですか?これはもう、乗ってみたくなっちゃいますよね。

このトトロ・ライドは、最初に紹介したディズニー×昔の日本のアートと同じく、あくまでもジョンさんが余暇に個人的にデザインしたもの。とはいえ、宮崎監督と面識があるというジョンさん、以前にはジブリの施設を作る事を提案した事もあるのだとか。ぜひ、このトトロ・ライドも提案してみて欲しい!実現したら絶対に乗ってみたい夢のアトラクションのご紹介でした。

この記事を書いたユーザー

Mucoco このユーザーの他の記事を見る

愛犬と一緒に、海を眺めながら暮らしています。

権利侵害申告はこちら

Spotlightのライターなら1記事最大3000円もらえる!日本最大級メディアでライターデビューのチャンス