「軍艦島」「ヒリゾ浜」など、島やビーチの秘境が人気です。でもこれらは少々人気が出すぎてつまらなくなってしまった感があります。いま、ナウな秘境マニアは「駅」に走っているんです。

”奥大井湖上駅”ってどこ?

「大井」の名称で大体は察しが着くかと思いますが、静岡県榛原郡の接岨湖にかかる、奥大井レインボーブリッジに挟まれた奥大井湖上駅。その名の通り、湖上にあります。しかもこのアングルの写真が撮りたいのなら駅から半島をぐるっと回って反対側にこなければならず、「とんでもないところに来てしまった感」が倍増します。

”奥大井湖上駅”に行くには?!

東京からですと、まず新幹線こだまで1時間45分で掛川に到着。そこからJR東海道本線 熱海行14分で金谷に到着します。さらに、大井川本線で金谷から千頭まで1時間10分。そして千頭から「南アルプスあぷとライン」井川行きで奥大井湖上までが1時間10分。実に4時間20分の道のり。飛行機だったら羽田から香港に着いています。もう筋金入りの「秘境」と呼ばざるを得ません!

出典 http://oigawa-railway.co.jp

「南アルプスあぷとライン」の駅名表です。

大井川鉄道本線、千頭駅から南アルプスあぷとラインに乗り換えて約1時間。奥大井湖上」駅に到着します。

”アプト式鉄道”とは?

スイス高原鉄道でも採用。山岳地帯を走るための鉄道システム。

TVの旅番組などで、風光明媚なアルプスの急勾配をすいすいと電車が走り抜けていく光景を目にしたことがあるかと思います。あの鉄道はスイスで生まれた「アプト式」システムを採用しています。写真のように線路の真ん中にギアがあって、日本では唯一「南アルプスあぷとライン」だけで体験することが出来ます。

アプト式とは、カール・ロマン・アプトさんが発明した、急勾配を上るための鉄道システム(ラック鉄道)の一種です。ラック鉄道は1869年頃からスイス・アメリカで実用されはじめ、世界に広まり、今ではスイスの観光鉄道が世界的にも有名です。現在日本でこのアプト式列車に乗ることができるのは、大井川鐵道の南アルプスあぷとラインだけです。

出典 http://oigawa-railway.co.jp

新ダム建設で路線変更。岬の突端に駅が出現!

写真はまさに電車が駅にさしかかろうとしているところです。何故この様なところに駅が出来たのかと言うと、もともとはダム建設の資材を運ぶ駅だったのが、1990年に新しいダムが出来て、一部が経路変更されたために、岬の突端に駅が誕生してしまった次第です。

振り返ればそこに、コテージが!!

湖上駅から一段上がったところには「レイクコテージ奥大井」があります。コテージといえども、宿泊などは出来ず、一階は休憩所とお手洗、二階は展望台があるのみです。売店などは残念ながら皆無。食料、飲料は自分で調達してくるしかありません。

写真を撮るために駅の対岸に行くには

せっかくここまで来たのなら、橋と駅を見渡せる場所まで行くしかありません。それにはこんな急勾配の階段を下りる必要があります。スニーカーは必須アイテムです。

レトロな赤い橋”レインボーブリッヂ”

写真を撮り終え、ようやく橋にさしかかりました。このレトロな橋の名前はなんと、”レインボーブリッヂ”。「ウソだろ?!」と思いますが本当です。橋の片側は遊歩道になっており、走る電車を間近に見ることも出来ます

Licensed by gettyimages ®

「レインボーブリッジ」で画像検索してもこれしか出てきません!w

普段、コンクリートの上しか歩いていないとこの様な土の上を歩くときは少々バランスを崩してしまいます。体幹は十分に鍛えて置いて下さいね。まるでケモノしか通らないような道を通って、奥大井湖上駅へ戻ります

駅に戻るには”けもの道”を通って

知られざるパワースポット「奥大井湖上駅」

奥大井湖上駅にはHappy Bellというベルが設置されています。カップルでやってきてこの鐘を鳴らすと恋が成就するとか。こんなに過酷な秘境まで一緒に来た時点でもうすでに絆が深まる気もしますが。。。

過酷なタイムテーブル

奥大井湖上駅からまた南アルプスあぷとラインに乗って千頭駅に戻ります。しかし、タイムテーブルは日に7本。しかもそのうち4本は運行されていない日もあります。タイムテーブルはしっかりと頭に入れてから行動しましょうね。

奥大井湖上駅
〒428-0401 静岡県榛原郡川根本町梅地275

【新幹線利用の場合】
掛川駅→JR金谷駅→千頭駅(大井川本線)→南アルプスあぷとラインに乗り換え→奥大井湖上駅

【自動車を利用した場合】
吉田IC→大井川鐵道千頭駅から車で20分

道のりは秘境だが、鉄道ファンの間では結構メジャーになっており、GWは混んでいるようです。

いかがでしたか?「奥大井湖上」。その名前からして秘境ですね。でも知る人ぞ知る駅もGWには秘境を求めて人が集まり、混雑しているそうです。秋の入り口あたりに訪れてみたい場所ですね。

この記事を書いたユーザー

zuenmei このユーザーの他の記事を見る

公式ライター。食べること、踊ること、アジア大好きです。わかりやすい記事を目指します!よろしくお願い致します。instagram: https://www.instagram.com/zuenmei/

得意ジャンル
  • インテリア
  • 海外旅行
  • 国内旅行
  • ライフハック
  • おでかけ
  • グルメ
  • 料理
  • 暮らし
  • カルチャー
  • 美容、健康

権利侵害申告はこちら

Spotlightのライターなら1記事最大3000円もらえる!日本最大級メディアでライターデビューのチャンス