・数学を学ぶということ

Licensed by gettyimages ®

全てのことは数学で説明できる!数学家の方は様々な場面で計算をし数字で答えを導くイメージがあります。そんな中あの東京大の数学科の説明が想像以上にストイックだという情報が入ってきました。

ただでさえ難しいイメージの数学ですが、東大の数学科はいったいどんなところなのでしょうか。

・東大の数学科の説明

出典 https://twitter.com

これは…!この説明に書いてあることを整理してみます。

数学科に進学すると人生の多くのモノを諦めなければいけない
その理由は大きく4つあるようです。
 ⇒東大数学科の院試の難しさ
 ⇒就職率の悪さ
 ⇒学生間の関係の希薄さ
 ⇒日夜数学のことを考えて生きていくので、人間的な余裕もない

そして、無意識の夢の中でも数学のことを考えられるようになって初めて一流となれるということですが、そのような生活になると疲れ切った頭脳と荒廃した精神しか残らないそうです。

・東大の数学科がもはや魔境

厳しすぎ!数学科凄すぎ!とビビりまくってしまいますね。東大に集まる学生ですから凄く賢い方々なのだと思いますが、さらにこのストイックな内容にビックリしてしまいます。このツイートには1万以上のリツイートが寄せられています。

・面白い

さすが東大。凄い説明だと感心する方もいらっしゃいました。

・わかる

道を歩いているだけでも数学で物事を考えてしまう…数学者というものはありとあらゆる場面でも数学から頭が離れなくなってしまうようです。数学科に進むということはそういうこと。人生が数学で染まってしまう覚悟が必要だということでしょう。

・何か別のものに自分が乗っ取られていく感じ

きゃー!数学こわいー!

・数学オタクでさえ諦める厳しさ

それぐらい厳しい世界だということが想像できます。

・数学はもっと自由で伸び伸びしたもの

数学はそんなに苦しいものではないという考えの方もいました。楽しんで数学をやっていらっしゃる方には少し理解が難しい見解のようです。

・いかがでしたか。

Licensed by gettyimages ®

数学が苦手な私にはとても入れそうにありませんが、アナタはどう感じられましたでしょうか。

・他のことにも同じことが言える

一見厳しい説明文に見えますが、別に数学に限ったことではないのかもしれません。自分が好きなモノにハマったとき他のことが目に入らなくなるような現象と同じ。何かを突き詰めようと思ったときはこれぐらいの覚悟は必要なのかもしれません。

しかし、多くの人が難しいと感じる数学が四六時中付きまとうと思ってしまうから余計恐怖を感じたのでしょう。根っからの数学好きには苦痛でも何でもないことなのかもしれませんね。

この記事を書いたユーザー

PERUME このユーザーの他の記事を見る

考えさせられる話から面白い話まで…ジャンルにとらわれず自分の心に響いたことを伝えていければと思います。

得意ジャンル
  • 話題
  • 社会問題
  • エンタメ
  • 感動
  • おもしろ
  • ニュース

権利侵害申告はこちら

Spotlightのライターなら1記事最大3000円もらえる!日本最大級メディアでライターデビューのチャンス