出典 http://mashable.com

記事提供:Techinsight

米フロリダ州で深夜に発生した火事。家は全焼し家族は入院中だ。しかしそこで活躍したペットのジャーマン・シェパードが話題となり、“ヒーロー犬”として複数のメディアが取り上げている。

今月25日午後11時過ぎ、フロリダ州セミノール郡ロングウッドの閑静な住宅街で火災が発生した。外で天体観測をしていたという近所に住むチップ・ドーバーさんら3人は、当時の様子を『today.com』にこう語っている。

「もの凄い爆発音がしたかと思うとフィーザーさん宅から火花が上がっているのが見えました。急いで向かいましたが、家はあっという間に炎に包まれたのです」

ドーバーさんらは消防署に通報し、玄関のポーチにあった椅子を使って窓を割りマルゴ・フィーザーさんを助け出した。その直後、駆けつけたセミノール郡消防隊は玄関ドアを壊すとマルゴさんの夫・ブレントさんを救出することに成功した。

ドーバーさんは「マルゴさんは取り残された2歳と4歳のわが子を助けようと燃えさかる家の中に戻ろうとしましたが、消防隊に阻止されました。

炎だけでなく黒い煙で覆われた家に入るのは、消防隊でも困難を極める作業に思われました」と明かし、

続けて「その時です。フィーザーさんに飼われているジャーマン・シェパードのマックスが、消防隊をリードして家の中に飛び込んでいったのです」と興奮気味に語る。

救出劇の後、消防隊の一人は「あの濃い煙の中で子供たちが眠っている寝室を見つけることができたのは、私たちを案内してくれたマックスのおかげです」と語りヒーロー犬、マックスを称えた。

フィーザーさん一家は火傷や煙の吸引により重傷を負い病院で手当てを受けているが、容体は安定しているという。マックスも煙を吸って地元の獣医の診察を受けたが、回復は時間の問題とのことだ。

セミノール郡のドン・エスリンガー保安官は、

会見で「家は全焼してしまいましたが、近所の皆さんの迅速で的確な対応に感謝しています。またフィーザーさん一家の命を救おうと、炎の中に飛び込んだ消防隊の勇気ある行動も忘れてはなりません」と述べている。

現在、火事の原因について詳しい調査が行われているもようだ。

出典:mashable

権利侵害申告はこちら

Spotlightのライターなら1記事最大3000円もらえる!日本最大級メディアでライターデビューのチャンス