記事提供: SILLY

「Unbreakable」(アンブレイカブル)…つまり「壊れない」。今回紹介するのは、とっても壊れにくい傘。その名も「Unbreakable Umbrella」…そのままやんけ!

どれぐらい壊れ辛いかというと写真を見てわかる通り、オジサンが乗ってもへっちゃらな傘なのだ。ちなみにこのオジサンは、「Unbreakable Umbrella」のデザインを手がけたトーマス・クルツ(Thomas Kurz)さん。なんでも体術の専門家でもあるそうだ。

そんなトーマスさんが「Unbreakable Umbrella」を使って、めっためったにサンドバックを殴ったり、スイカをたたき割ったりする。おまけに、傘を使った護身術なんかも教えてくれる映像が有る。

もう『コレは「Unbreakable Umbrella」が有るから出来ることです』なんていう注意書きを描きたいぐらい、普通の傘だったら100%壊れちゃうようなことを平気でやっちゃうのだ。

出典 YouTube

「Unbreakable Umbrella」を使って、めちゃくちゃな傘の使い方。本来は雨をしのぐものだけど、明らかに打撃の武器として利用しちゃっている当たりがやばい。ちなみに、折り畳み傘タイプも有るそうだ。これだけやっても壊れないって凄いな。

出典 YouTube

次に、若いお兄さんが同じようにめっためったに傘で殴る。この映像では、他社の傘との比較で、「Unbreakable Umbrella」がいかに強度のある傘なのかを知れる。ぶら下がってもへっちゃらってどんだけすごいねん。

出典 YouTube

お次は護身術のコーナー。

「傘をつかまれる」っていうシーンがあんまり想像できない。それでも、これを覚えておけば、いざという時に敵を押さえ込み、とどめに「Unbreakable Umbrella」を使って…いや、うん、そうだね。ほぼ武器だもんね。相手が大変なことになっちゃうから押さえ込みまでにしておこう。

「Unbreakable Umbrella」は、一番安いタイプで$129.95という値段。あとは柄を変えたり、二つ折りタイプも有るそうだ。しっかり国外発送されるから、日本にも届くっぽいな。
※日本代理店も有ります

ちなみに、こんなに強い「Unbreakable Umbrella」でも使用方法に注意事項が有るそうだ。どうやら斧でぶった切ったり、ハンマーで殴りまくったり、火をつけたり、列車とかダンプカーの下に入れちゃダメだってさ……いや、普通どんなもんでもソレ壊れる使用方法だよ!

この記事を書いたユーザー

SILLY 編集部 このユーザーの他の記事を見る

世界中で起こる最新イノベーションを テクノロジー、ガールズ、カルチャーの視点から
配信するミレニアルマガジン「SILLY」です。
https://silly.amebahypes.com/

得意ジャンル
  • インターネット
  • ライフハック
  • カルチャー
  • エンタメ
  • ファッション
  • コラム
  • おもしろ

権利侵害申告はこちら

Spotlightのライターなら1記事最大3000円もらえる!日本最大級メディアでライターデビューのチャンス