子ども用車椅子 を見たことがありますか?

出典 https://www.facebook.com

子どもの頃から、歩けない子、事故にあって歩けなくなる子も、もちろんいます。そうした場合、車椅子を利用することも。

最近、こうした車椅子もとてもオシャレでかわいいものが増えているのですが、これがベビーカーに見えてしまうせいで、トラブルも増えているようなのです。

では、街で見かける車椅子はどんなものなのでしょうか?

Licensed by gettyimages ®

実は見たことあった!ベビーカーだと思っていた!という方もいらっしゃるのでは?最近の車椅子は、カラフルでファッション性もあるのが特徴です。

子供用スタンダード車いす

出典 http://www.matsunaga-w.co.jp

こちらは、まだなんとなく見たことのあるカタチ。でも、色がきれいなのはいいですね。

バギー型車椅子

出典 http://www.wheel-chair.jp

こちらも車椅子です。折りたたみも出来て、とても便利。でも、これってぱっと見はベビーカーですよね。

出典 https://www.google.co.jp

こちらもバギー型。とてもファッショナブルで、高価な海外製ベビーカーかな?って思ってしまうかも。

子ども用車いすは、福祉用品です。これがないと移動できない子どもたちが使用しています。
外見からは病気や障害が分かりにくいお子さんもいます。でも、実は首や腰がまだすわっていなかったり、歩けなかったり、片手で気軽に抱っこできないお子さんも多いです。
またこの車いすは車体重量だけで10~90kgほどあり、ベビーカーとは比べものにならないほど重いんです。
畳めないものも多く、たとえ畳めても片手で持ち運べるようなものではありません。

出典 http://www.mina-family.jp

いきなり怒鳴られた・・・聞こえよがしなイヤミ・・・

Licensed by gettyimages ®

そう、ベビーカー論争が巻き起こるほど、公共機関は余裕のない人も乗車しています。「たためばいいのに」「なんであんなに大きくなってもベビーカー乗せてるの?」「やっぱり親がちゃんとしてないから・・・」なんて声が聞こえることも。

また、バスの運転手が知らず「混んでいるので(ベビーカーを)畳まなければ乗せられません」と乗車拒否されることもあるとか。

私も、恥ずかしながら最初はベビーカーだと思っていました。

啓発活動、始まっています

公的機関がアナウンスしているのはとてもいいですね。

子育ての場合、「責めない」「見守る」というだけでだいぶ助かるものですが、車椅子の場合はどうお考えなのか・・・わたしも知識を蓄えたいです。

重さがふつうのベビーカーとは比べ物にならないくらい重いですからね。お互い、気をつけなければなりませんね。

見た目では判断できません!

車椅子は高価ですから、ベビーカーに乗せていることだってありますよね。

「歩けなくなるわよ」これがどれほど無神経な言葉か、想像したこともないんでしょうね・・・

自分が乗客だったら、声をあげられるような人間になりたいです。

ポイントは、車椅子マークです!

出典 http://www.coregivers.com

ベビーカーと子供用車椅子の違いは「車椅子マーク」。現在、トラブル多発を受けて、これをつける動きが広まっているようです。

「なんでこんなに混んでいるときにベビーカーなんだよ」「あんなに大きい子がなんで」そう思ったときは、マークを探してみてください。

出典 http://zozo.jp

ディック・ブルーナさんのデザインもありますよ。とてもキュート!

ろってちゃん  ディック・ブルーナ文・絵

出典 https://www.fukuinkan.co.jp

ミッフィーちゃんで有名なディック・ブルーナさんは、はやくから車椅子の女の子の絵本を書くなどして、啓発を行なっています。

アメリカには、子どもの車椅子をコスプレにしてくれる団体も!

出典 http://walkinrollin.org

アメリカの非営利団体Walkin' & Rollin'Costumeは、子ども用車椅子に飾りをつけてコスプレ衣装の一部にしてくれるサービスを行なっています。
ギャラリーにたくさん紹介されていますので、ぜひごらんになってみてくださいね。

想像力を持ちましょう!

Licensed by gettyimages ®

私は生まれて1週間の息子を連れて、通勤電車に乗ったことがあります。「オイオイ・・・まじかよ・・・」という目でジロジロ見られたのを覚えています。なぜ、混雑がわかっていて、その時間に?(途中、混雑でケガをさせそうになって各駅に乗り換えましたが)

実は、息子に先天性の疾患が疑われたため、大学病院へ連れて行く最中だったからです。「その時間を逃せば3ヶ月先だよ。」と言われて、しぶしぶ乗ったのでした。

「なんで?」「馬鹿じゃないの?」の先には、自分が想像できない理由があります!

元気そうなのになぜ、ベビーカーに?なぜ、混雑しているのにたたまないの?
その先をぜひ、考えられる社会になってほしいですね。

いつか、車椅子マークがなくても適切な手助けを得られる世がきますように。

コチラの記事もどうぞ!

この記事を書いたユーザー

ミントチョコレートアイスクリーム このユーザーの他の記事を見る

ふつうの主婦です。時短勤務中。海外ドラマとリアリティーショウが大好きです。

得意ジャンル
  • 動物
  • 海外旅行
  • 料理
  • 美容、健康
  • ファッション
  • おもしろ
  • 話題
  • 社会問題
  • インターネット
  • ライフハック
  • 育児
  • 暮らし
  • ゲーム
  • カルチャー
  • エンタメ

権利侵害申告はこちら

Spotlightのライターなら1記事最大3000円もらえる!日本最大級メディアでライターデビューのチャンス