とうとうやってきた2016年のゴールデンウィーク。どこかにお出かけの予定はありますか?GWだからこそ、行ってみたい、おススメのグルメスポットをご紹介致します。

ぶどうパンとコーヒーの店 舞い鶴 (東京・湯島)

店名の「舞い鶴」になんか惹かれる。「ぶどうぱん」が一人歩きしてるけど、基本は喫茶店。

東京・湯島にある”ぶどうぱん”で有名なお店。「舞い鶴」とわざわざ送り仮名に「い」が入っているのに惹かれます。実際に見るとものすごく古い、昭和の床屋さんの雰囲気だそうだけど、ぶどうぱんの(サンプルというより)”模型”が飾られたショーウィンドーなどは改装したっぽく明るくナチュラルな雰囲気。ぶどうぱんの人気が先行してしまっているけど、基本は喫茶店だそう。

なんだか昭和チックな喫茶店みたいな外観。
「え、ここ(^^;;」と思ったのですが、ショーウインドにはブドウパンの模型。
恐る恐る扉を開けると、中はパン屋と言うよりやっぱりレトロな喫茶店。

出典 http://tabelog.com

こちらのお店、ぶどうパンの店となっていますが、基本的に喫茶店なんですよね。
見た目はすごく古い、昔の床屋さんとか化粧品屋さんとか、そんなイメージのお店。

出典 http://tabelog.com

見た目はなんてことない、フツーのブレッド

これが「ぶどうぱん」(700円税別)の外見。みたところ、なんのことはない普通のパン、いやブレッドです。

ぶどうパンなのか、パンぶどうなのか・・・汗 「ぶどうぱん」誕生のいきさつ

「ぶどうぱん」の断面を見ると、なにやら黒い!これでもか!というくらいにぶどうが入っています。この様な、ぶどうぱん誕生のいきさつは、オーナーが、子供の頃ぶどうパンのぶどうが少ないと感じて、それならぶどうを目一杯入れてやろうとして入れたのが始まりなのだとか。

なんと「巨峰入り」もあった!

上の四角いパンと形状が違うのがおわかりでしょうか?こちらはぶどうパンはぶどうパンでもなんと”巨峰”が入った「巨峰ぶどうパン」(1650円税別)。ぶどうが巨峰に変わろうとも容赦はせず、ハーフ&ハーフの含有量。噂(なぜ噂だけ?)ではこの巨峰パンは毎日は売られておらず、火曜、金曜のみだそう。

限界に挑戦!なんと”総重量の92パーセントがぶどう”

巨峰ぶどうぱんの断面を”クローズアップ”してみました。なんと恐ろしいことにパン生地とぶどうの比率が同量!とてつもないぶどうの含有量です。そしてもっとびっくりなのが、ぶどうの種類が「巨峰」だということです。

翌日の朝食に紅茶と一緒に頂いたのだけれど
ぶどうパンをパンナイフで切ってビックリ!(O_O)
入ってる干しぶどうの数が半端ない量なのだ。
これがこちらのぶどうパンの特長だ。

出典 http://tabelog.com

その脅威のぶどうパンは、これまでにもさまざまなメディアで取り上げられてまいりました。

出典 http://www.maizuru.tokyo

オーナー自ら、「脅威のぶどうパン」と表現されています。

「カフェ」でなく「喫茶コーナー」「喫茶部」と呼びたい。

コーヒーとぶどうぱんの「ぶどうぱんセット」が狙い目!

店内には、4つほどの座席があり、そこでコーヒーや軽食を楽しむことが出来ます。コーヒー400円、ぶどうパンセット500円。100円相当のぶどうパンのボリュームが気になります。

今時のスタバ等とは違うここの独特の雰囲気は
現在私の住む伊豆の、年輪のように時間を重ねていった喫茶店の空気に似ており、
若い人は馴染みづらいかもしれないけれど、
私はかつて松戸変態ゴ…いや、何でもない、
常磐線沿線住まいだった頃から好きな場所だった。

出典 http://tabelog.com

そして、夜はスナックに!

HPにあった”謎の店内写真”。「喫茶部」とは別の場所か?

「ぶらり途中下車の旅」「スーパーJチャンネル」そしてあの「モヤモヤさまぁ~ず2」までもが取材を敢行した「舞い鶴」。

ぶどうぱん、喫茶部、そして夜はスナックに変身し、夜は10時半まで営業を続けるそう。「スナック部」のメニューは「カラオケセット3,000円〜」のみはあるものの、お酒、おつまみなどの価格はナシ。そしてHPにあったこの店内写真は?あきらかに「喫茶部」とは椅子が違うので、別の場所なのか?謎は深まります。GWに是非確かめてみたい店ですね。あ、土日祝は休みなのでお忘れなく。

住所東京都文京区湯島3-33-9 河原ビル1F
最寄駅東京メトロ 千代田線湯島駅A3出口徒歩1分
電話03-3836-5406
営業時間午前8:30~午後10:00
定休日土曜・日曜・祭日

おわりに

いかがでしたか?数年前にメディアで取材を受けるも、近年は落ち着いている雰囲気の「舞い鶴」。落ち着いているからこそ、狙い目です。是非、GWに行ってみてくださいね。

この記事を書いたユーザー

zuenmei このユーザーの他の記事を見る

公式ライター。食べること、踊ること、アジア大好きです。わかりやすい記事を目指します!よろしくお願い致します。instagram: https://www.instagram.com/zuenmei/

得意ジャンル
  • インテリア
  • 海外旅行
  • 国内旅行
  • ライフハック
  • おでかけ
  • グルメ
  • 料理
  • 暮らし
  • カルチャー
  • 美容、健康

権利侵害申告はこちら

Spotlightのライターなら1記事最大3000円もらえる!日本最大級メディアでライターデビューのチャンス