記事提供:Doctors Me

医師が解説する医療・健康サイト「Doctors Me」編集部です。
先日、タレントの前田健さんが突然亡くなったニュースがありました。死因は、虚血性心不全だったと言われています。

心不全には他にも種類があります。中でも「虚血性心不全」とはどのような病気なのでしょうか。医師に話を聞きました。

Q.虚血性心不全とは、そもそもどのようなことでしょうか。

虚血性心疾患とは、心筋(※1)が何らかの原因により血液がうまく流れなくなることで、心臓に障害が起こってしまうものを指します。

虚血性心不全の主な原因は、冠動脈と呼ばれる血管が詰まってしまうこと、狭まってしまうことです。

虚血性心不全は冠動脈の状態などにより分類されます。
代表的なものは狭心症や心筋梗塞です。狭心症は冠動脈が細くなります。心筋梗塞は冠動脈が詰まったものです。
ほかにも、冠動脈に病変のない「たこつぼ心筋症」などもこの虚血性心疾患に含まれます。

※1:心筋とは…
心臓から全身に血液を送り出すポンプの役割を持つ筋肉です。

Q.虚血性心不全は、他の心不全とどう違うのですか。

心不全は、何らかの原因によって正常の心臓の働きが弱まってしまう状態をいいます。

中でも虚血性心不全は、心臓に血液が流れないことによって起こる心不全です。
うっ血性心不全は、心臓のポンプ機能が弱まり、血液が心臓に滞ってしまう心不全です。
慢性心不全は、心臓の働きが低下し、身体に栄養や血液を十分に送ることができない状態が長期間続くことで進行していくものです。

Q.虚血性心不全の症状はどのようなものでしょうか。

虚血性心不全では以下のような症状が現れます。
・胸や胃の付近の痛み
・吐き気
・冷や汗や呼吸困難感
・背中の痛み など

前田さんは突然嘔吐して倒れてしまったと報道されていようですね。これは珍しい症状ではありません。

Q.虚血性心不全になると助からないことが多いのですか。

虚血性心疾患を発症すると、必ずしも死に至るわけではありません。

心筋梗塞は血管が完全に詰まってしまうため、救命できないケースがあります。心筋梗塞を起こした場合の致死率は4割くらいと考えられています。
それでも詰まりが小さい場合やすぐに治療ができた場合には、無事に回復することも多くあります。

狭心症の多くは服薬で症状が治まります。

Q.どんな人が虚血性心不全になりやすいのでしょうか。

以下のような方は虚血性心疾患になりやすいと考えられます。
・中年以降の方
・生活習慣病を患っている(糖尿病や高血圧、脂質代謝異常症、肥満など)
・飲酒や喫煙習慣がある
・運動習慣がない

他にも、家族が心不全になったことのある方は注意が必要です。

また、前田さんは不整脈を感じていたとニュースにありました。
不整脈の種類などにもよりますが、心臓の変化(例えば左室肥大や電動障害など)があると心不全のリスクは3倍以上に増えるといわれます。これらは心電図を診ることでわかります。定期的に検査を受けておくといいですね。

≪狭心症、心筋梗塞、不整脈、心不全...なりやすい人の特徴は?≫
心配な方は【心臓病リスク】をセルフチェックしてみましょう!

最後に医師からアドバイス

虚血性心不全、特に心筋梗塞は「突然起こる、怖い、助からない」といったようなネガティブなイメージを持つ方もいらっしゃるかもしれません。

しかし、実は虚血性心不全を起こした半分以上の方が助かると言われています。
定期的に健康診断を受ける、生活習慣病にならないように気を付けるなどの心がけで、ある程度の予防はできる疾患です。40歳を迎えるころからは特に、年一回は心電図を受けるようにしましょう。

(監修:Doctors Me 医師)


※ここでお伝えしたことはあくまで一般的な解説です。症状の程度などにより、前田さんのケースとは異なる部分もあります。予めご了承ください。

この記事を書いたユーザー

Doctors Me(ドクターズミー) このユーザーの他の記事を見る

Doctors Me(ドクターズミー)は、医師、薬剤師、歯科医、栄養士、カウンセラー、獣医に相談できる、ヘルスケアQ&Aサービスです。医師をはじめとする専門家が解説する人気コラム、病気・症状の体験談等を配信中!

権利侵害申告はこちら

Spotlightのライターなら1記事最大3000円もらえる!日本最大級メディアでライターデビューのチャンス