段々日差しも強くなり、日傘をさす人も増えて来ました。実用性重視の日傘から可愛い日傘まで色々ありますが、時々「逆に紫外線浴びている」と思われる日傘をさしている人を見かけます。

改めて、正しい日傘の選び方を調べてみました。

暑さ対策

まずは分かりやすい所から。日傘の色はかつては白中心、今は黒が主流ですが、暑さ対策として日傘を選ぶならやはり薄い色の日傘の方が良さそうです。

黒い生地は熱を吸収しやすく生地そのものが熱くなりがち

白色やシルバー色の生地なら、熱を反射してくれて、生地の温度の上昇も抑えられます

出典 http://www.kasa-higasa.com

紫外線対策

紫外線対策、つまりシミ予防で日傘を選ぶのであれば、一番重視したいポイントです。

紫外線を防ぐ(吸収する)生地はポリエステル(すけているものはダメ)、麻、綿の順です。

紫外線を防ぐだけの目的ならばポリエステルの厚地の日傘がいいでしょう。

出典 http://www.hakata-kasaya.co.jp

まずは元々UVカット出来る素材を選ぶのが良さそうですが、厚手の素材になるので多少重さや通気性の悪さがあるようです。

また軽い素材でも、UVカット加工されたものを選ぶことで対策出来ます。UVカット率が明記されている物も多いので参考に選ぶと良さそうです。

日よけ~遮光マークで選ぶ~

UVカット率と遮光率は別物です。

紫外線は目に見えませんので、傘から光が洩れていても紫外線カット出来ている物もあります。遮光機能は日よけを重視する方にオススメで、UVカット率と同じ様に、遮光率を明記して売られている物がありますので選ぶ際の参考になりそうです。

遮光率が99%以上の生地を使用した商品を遮光傘、99.99%以上の生地を使用したものを1級遮光率と呼び、一部の商品を除き、どちらも商品ラベルやタグ等に、その呼称や遮光マークを表示することになりました。(日本洋傘振興協議会HP)

出典 http://www.jupa.gr.jp

出典 http://www.jupa.gr.jp

こちらが日本洋傘振興協議会JUPAの遮光マークです。遮光率の高い性能で選ぶ方は、このマークが付いているものを選ぶと安心ですね。

照り返し対策

内側にシルバーコーティングされた日傘をさしている人を見かけませんか?間違った日傘を選んでいるのがこの「照り返し対策の出来ていない傘」です。

アスファルトで10%、砂浜では25%もの紫外線が反射しています。したがって遮光率が100%の日傘を使っていても、UVカット率の高い日傘を使っていても、下からの照り返しには何の意味もありません。

シルバーやゴールドなど、紫外線や太陽熱を反射する光沢のあるコーティング生地は、コーティング面を外側にしている物がオススメです。

内側にシルバーコーティングしてる日傘を見かけますが、光沢のあるコーティングが内側にあると、照り返しの紫外線を、顔に集めているようなものです

出典 http://www.kasa-higasa.com

つまり、シルバーコーティングは内側でなく外側にされているもので、内側が濃い色のこうした写真の様な日傘が理想形です。もちろん黒いコーティングの場合は内側でも大丈夫です。

正しい日傘選び、出来ていましたか?

いかがでしたか?間違った日傘選びをしていると、かえって紫外線を浴びているかもしれません。自分が何を重視して日傘を選ぶかで選ぶポイントも変わってきます。

また、その日出掛ける場所によっても使いたい日傘が変わるかもしれません。ぜひ参考に選んでみてください。

この記事を書いたユーザー

さくラブ このユーザーの他の記事を見る

美容やファッション大好きな1児のママです。
忙しくても毎日綺麗にしていたい、可愛くなりたいをモットーにしています。

権利侵害申告はこちら

Spotlightのライターなら1記事最大3000円もらえる!日本最大級メディアでライターデビューのチャンス