ウサギとリスのキャラクターでおなじみの「クッピーラムネ」は、愛知県名古屋市西区にあるカクダイ製菓が製造・販売している主力商品のラムネ菓子で、小さい頃に駄菓子屋さんなどで見かけたことがある人も多いのではないでしょうか。

知ってますよー!

そんなカクダイ製菓のホームページには、「クッピーラムネのひみつ」というコンテンツがあって、そこでは名前の由来や歴史について語られているのですが、その中の「キャラクターはどうやって生まれたの?」というページに綴ってある内容が話題になっています。

この、「中北晃二」さん(@bing_chang)が投稿された「クッピーラムネのキャラはぬかるんだ版権事情が割と赤裸々に綴られていて、好感が持てる」というツイート。

更に「どろっどろの大人の事情がラムネのようにシュワッと爽やかに綴られているよ」と続けられているのですが…

そこにはこんな内容が…

出典 https://twitter.com

キャラクターはどうやって生まれたの?

昭和25年からラムネ菓子をつくっているカクダイ製菓。でも昔は、キャラクターも何もかかれていない包装紙でラムネをつつんで売ってたんだよ。(1袋10gで約5円だったって。) 

だけど2代目の社長が、「キャラクターがいたほうが、お客様から親しまれやすい!」と言って、キャラクターをつくることになったんだって。 さっそくデザイナーさんにお願いして、その時人気のあったキャラクターを参考にデザインしてもらい、商品にしたんだけど、オリジナリティーが無いという理由もあって、一旦そのキャラクターのデザインはやめになったんだ。 

そのあとも、キャラクターを作るために色々としらべていたら、ある雑誌におもしろいタッチでかかれた動物が登場するマンガを見つけたんだよ。そこでさっそく、マンガ家さんにおねがいしたら、水彩で描かれたウサギとリスの絵がとどいたんだ。そのまま印刷することはむずかしかったけど、デザイナーさんがその絵をすこし直して、今のウサギとリスになったんだよ。

そのあといちど、マンガを出している会社からキャラクターが似すぎているからやめてほしいといわれたんだけど、絵を描いたマンガ家さんがかけあってくれて無事にキャラクターを使いつづけることができたんだって。

出典 http://www.kuppyramune.co.jp

何やらドロドロとした大人の事情(版権問題)が、ラムネだけにシュワッと爽やかに綴られていますね(笑)

ウィキペディアによると、“講談社の雑誌に連載されていた、特徴的な動物キャラクターを描く漫画家に原画を依頼して、それを元にイラスト化した”と書かれていますね。

これにはたくさんの反響が…

このツイートは、投稿から半日を経たずして15,000RT(リツイート)されるくらい話題になり、様々なコメントが寄せられています。

ストレートすぎる…

包み隠さず堂々と…。

分かりやすく…

ものは言いようですね(笑)

子どもに説明するなら…

たしかにね…。

昔はこんな時代もあったんですね…

今では考えられないでしょうけどね。

和睦を感じるレベル

懐かしのお菓子にこんな秘話があったとは思ってなかったでしょうね…。

漫画家さんが粋すぎる

ほんと素晴らしい心意気ですよね。

こんな話も!?

まだ明かされていない何かが…。

子ども向けの駄菓子のまさかの大人の事情に、みんさん反応されているみたいですね。

ちなみに、「クッピーラムネのヒミツ」は現状3番まであるのですが、その3番目もなかなかの大人の事情を感じる内容となっていますので、是非あわせてご覧ください。

この記事を書いたユーザー

wagibank このユーザーの他の記事を見る

広告代理店に勤務している傍らフリーのライターとして活動中。職業柄、最新の話題に常に触れているため、皆さんに楽しんでもらえるような記事を作っていければなと思ってたりします。

権利侵害申告はこちら

Spotlightのライターなら1記事最大3000円もらえる!日本最大級メディアでライターデビューのチャンス