赤ちゃんが生まれると、すぐに必要となるアレコレ・・・

出典 http://www.kela.fi

用意するものリストをネットや雑誌で調べて、検討して、お店へ行ったり検索したり・・・買ったものの使わなかった!なんてものも多いですよね。

全部きちんと用意したつもりでも、「しまった!ツメ切り忘れた・・・っていうか、こんなにすぐ必要なの?」なんてものもあったり。

初めての赤ちゃんを迎える日々は、気持ちも体もぐったり・・・なんてことにならないといいですよね!
フィンランドでは、そんなプレ保護者に向けて、様々なグッズがつめこまれた<マタニティパッケージ>が届くんです。

さすがデザインの国!フィンランド国民には無料で配布されます。無料で子育てスターターキットがもらえるのもうれしいですが、デザインも大変にステキなんです。

中身は、衣類以外にも掛け布団やおねしょシーツ、また絵本に歯固めのおもちゃ、はたまた産後の家族計画のために避妊具まで入っています。

箱や洋服のデザインは毎年変わりますが、長男と次男の時を比べると布おむつが増えていたなど、その時の流行りに合わせて内容も見直されています。

次の年の新しい中身が発表されると新聞にも掲載され、その日はオフィスのキッチンで記事を見ながら「え〜なんか色合いが男の子っぽい〜」「この寝袋(冬のベビーカー用。必需品です)はかわいくない!」などなど、みんな好き勝手にコメント。

出典 http://akasugu.fcart.jp

産後の避妊具まで!毎年ちゃんと更新されるから、「私のときはこうだった」と会話が出来て楽しいですね。

パッケージの内容は・・・?

この箱に入るの!?と気になるほどの点数

しかもカワイイ・・・

寒い国ならではの、あったかグッズもきちんとそろっていますね

色あいが年によって少しずつ違うんですね

さらに、箱は新生児のベッドになるんです!

コットや、新生児用のカゴ・・・あれも、しばらくは必要な割りに、すぐ使えなくなっちゃうんですよね・・・

外箱がベッド代わりになるので、ひとまずベビーベッドは用意しないつもりでいると、いい物があるから貸してあげる!と友人。
箱の大きさに合わせて作られた足つきの木枠(友人のお父さん作!)と、箱がすっぽり隠れるようなデザインのカバー(友人作!)でした。

出典 http://akasugu.fcart.jp

DIYの国ですので、こうしたカバーや足台をつくるのも、珍しくないようです。

ジッパーのついたおくるみにくるまって、とっても寝心地がよさそう・・・

グッズはどれも安心、安全

この値段のものは安全かな?こんなに安くては危ないかしら・・・などと考えなくてすむのもうれしいですね。

出典 YouTube

動画でみると、さらに迫力がありますね・・・

日本からでも、マタニティパッケージが購入できます!

全く同じものを購入することが出来るんです!・・・・・・とはいえ、送料込みで5万円~と、結構お高い・・・

それでも、これ一つで準備が完了してしまうので、忙しい妊婦さんにみんなでプレゼントするのもいいかもしれませんね!

フィンランド・ベイビー・ボックス -オリジナル版  ¥49,964 JPY

出典 http://www.finnishbabybox.co

うーん、かわいい・・・悩むけど、欲しくなりますね。

フィンランド・ベイビー・ボックス ―ムーミン版 ¥75,008 JPY

出典 http://www.finnishbabybox.co

なんと、ムーミンのシリーズも!さらにお値段が張りますが・・・かわいすぎて身もだえ!

日本でも、配布してくれればいいのに・・・

Licensed by gettyimages ®

日本でも、同じようなものが配布されたら、とってもうれしいですよね!現金や地元の商品券もうれしいですが・・・

何がいいって、現金や商品券は別のものにも使えますが、マタニティパッケージは、手当てが確実にあかちゃんのために使われているということもありますね。

そんなパッケージ、日本もあったんです!

千葉県浦安市 こんにちは あかちゃんギフト

出典 http://www.city.urayasu.lg.jp

浦安市にて配布されている、「こんにちは あかちゃんギフト」です。

マザーズバッグ、肌着、靴下などの衣類
(カバーオール・2WAYオールサイズ:60から70センチメートル、Tシャツ・モンキーパンツサイズ:70から80センチメートル、靴下サイズ:9から11センチメートル)

出典 http://www.city.urayasu.lg.jp

「最低限のお洋服」がちゃんとそろいますね。個人的には、グルーミングキットが入っているといいなあと思いますが・・・

鹿児島県日置市 マタニティーボックス

鹿児島県日置市は新年度から、市内で暮らす世帯の新生児の誕生に合わせて、乳児の衣類やおむつが入った「マタニティーボックス」を無料で配布する。

出典 http://www.nishinippon.co.jp

衣類とオムツが入っているそうです。

フィンランドもいいですが、鹿児島と浦安なら移住しやすいかも!?

日本でも、どんどん広まっていってほしいですね!

赤ちゃんのために・・・

Licensed by gettyimages ®

赤ちゃんをケアして、大切に育てるために、いろいろなグッズを必要とするものです。しかし、体調や金銭など様々な理由で充分なしたくができないことも。

どんなおウチに生まれてくる子も、みんな元気に育つことができるよう、こうしたパッケージが日本中にひろがるといいですね!

コチラの記事もどうぞ!

この記事を書いたユーザー

ミントチョコレートアイスクリーム このユーザーの他の記事を見る

ふつうの主婦です。時短勤務中。海外ドラマとリアリティーショウが大好きです。

得意ジャンル
  • 動物
  • 海外旅行
  • 料理
  • 美容、健康
  • ファッション
  • おもしろ
  • 話題
  • 社会問題
  • インターネット
  • ライフハック
  • 育児
  • 暮らし
  • ゲーム
  • カルチャー
  • エンタメ

権利侵害申告はこちら

Spotlightのライターなら1記事最大3000円もらえる!日本最大級メディアでライターデビューのチャンス