記事提供:バズプラスニュース

ベッキーと川谷絵音の不倫騒動、SMAPの解散騒動、乙武洋匡の不倫騒動、ショーンKの学歴詐称騒動、飛ぶ鳥を落とす勢いでスクープを連発している人気雑誌「週刊文春」(株式会社文藝春秋)。

ベッキーやSMAPなどのスキャンダルを報じたことにより、いままで週刊文春を知らなかった人も知るきっかけになったそうだ。

・週刊文春の内部事情

週刊文春はどのようにしてスクープを連発させているのだろうか?どのような体制でネタを集め、執筆しているのだろうか?今回は、そんな週刊文春の内部事情をお伝えしたいと思う。

・水曜日の午前中にネタ会議

週刊文春は毎週木曜日に発売されるのだが、まずはじめに、会議から発売までの一週間のローテーションをお伝えしよう。

週刊文春は、毎週水曜日の午前中にネタ会議が行われる。採用されたネタは木曜日にゴーサインが出され、特派記者たちが取材と執筆に取りかかる。月曜日の午前中に入稿し、火曜日は休日となる。そしてまた水曜日にネタ会議をし…。

その繰り返しで週刊文春が作られていく。

・週刊文春の一週間のローテーション

:入稿
:休日
:ネタ会議
:ネタのゴーサイン(発注)
:取材執筆
:取材執筆
:取材執筆

・特派記者は個人事業主

上記のローテーションを踏まえたうえで、週刊文春の体制をお伝えしていく。

編集部には編集長と複数のデスク、そして数十人の特派記者がいる。社員なのは編集長とデスクと一部の記者だけ。特派記者は全員フリーだ。

つまり個人事業主として、週刊文春と契約を結んで作業を請け負っているわけだ。

・記者はベースメントが高く優秀

特派記者は最低でも「1人5本のネタ」をノルマとして課せられている。自分のネタをデスクに伝え、デスクが編集長にネタを伝え、記事として採用するかどうか決める。その会議が毎週水曜日に行われているのである。

複数のデスクがおり、その下に複数の特派記者がいる体制となっているが、特派記者にろくなネタがなくてデスクの面目が潰れることはないという。

それだけ、週刊文春の特派記者はベースメントが高く優秀なのだ。

・実質3~4日で原稿を仕上げる

月曜日の午前が入稿時間なので、特派記者は土日がいちばん忙しい。

木曜日に編集長から特派記者に「発注」が出されるので、実質3~4日で原稿を仕上げる必要があるからだ。

スクープや緊急速報などがあれば火曜日にも原稿をねじ込むことはできるが、基本的に月曜日の午前が正式な入稿時間だ。ちなみに「折」(オリ)の外側から入稿していく。

・ネタ5本を報告することが重要

火曜日は休日なのだが、特派記者は休めない。

なぜなら、水曜日がネタ会議だからである。それまでにネタを5本そろえておく必要があるのだ。当たり前だが「ネットで拾ったネタ」はいっさい採用されない。「ネットでこんなネタがありました」「ネットで炎上していました」は通じない。

水曜日までに、まだ誰も知らない、特派記者の独自のネタ5本を報告することが重要なのである。

・社員は他誌に移ることがある

週刊文春の記者はほとんどが「個人事業主の特派記者」とお伝えしたが、ほんの少しだけ、社員の記者がいる。

しかし週刊文春のメイン戦力になりにくい(なっている社員記者もいるが)。けっして能力が低いからではない。

その理由は、社員はある一定の期間で異動させられるため、同社のCREAやNumberなど、他誌に移ることがあるからだ。営業職に異動することもあるという。

・経費を100万円規模で使う

取材方法だが、どの特派記者も徹底しているのが「非合法なことは絶対にしない」という点だ。どんなにスクープがほしくても、「法的な秩序」を守って取材をしている。

しかし、スクープに命をかけているため、おいしいネタが手に入るのであれば、大胆な行動に出ることもある。経費を100万円規模で使うこともある。

たとえば、深夜で公共の交通手段がない場合、タクシーに乗って東京から東海地方に行くなんてこともあるわけだ。

・あらゆる人たちと交流を深める必要

また、「良質なネタが手に入るかどうか」は人脈によって大きく左右される。

それゆえ、あらゆる人たちと交流を深める必要があり、食事をしたり、飲みに行ったり、交遊費が尋常ではないくらいかかることがある。意外に思われるかもしれないが、情報提供者に現金を渡すことは基本的に「ない」と考えていい。

・スクープがあればページ数も増える

では、特派記者のギャラはどうなのか?スクープ記事を書いたからといって、特派記者に「驚くほどの大金」が入ることはない。

もちろん注目度の高いスクープ記事を書くとそれだけ特派記者にお金は多く入るが、それはページ数に応じて支払われる額が増えただけ。

優秀な記者には金一封が出ることもあるが、イレギュラーである。スクープを書けばページ数も増えるので、特派記者は「他の記者より凄いスクープ」を連発してページ数を稼ぎ、儲けるしかないのだ。

・「右トップ」「左トップ」

皆さんは中吊り広告を見たことがあるだろうか。広告の右側と左側の「見出し」だけ、大きな文字で書かれているはずである(稀に例外もあるが)。

週刊文春のなかではそれを「右トップ」「左トップ」と呼んでおり、右側の見出しになっている記事がいちばんのスクープで、二番目のスクープが左側の見出しの記事となっている。右トップが、いちばんページ数が多く、原稿料も多額になる。

・小ネタでさえレベルが高い

では、スクープとまではいかない小ネタはどうなるのだろうか?

週刊文春には「ワイド特集」というページがあり、そこには1ページから1/2ページの小ネタが多数掲載されている。複数の特派記者たちが書いた記事が掲載されているのだが、週刊文春的に小ネタとはいえ、芸能界や政界を揺るがすネタも載ることがある。

小ネタでさえレベルが高いのだ。

・記者の名誉として自己アピールしにくい

週刊文春の特派記者には「定年」が設定されている。その年齢は50歳。多くの特派記者が「50歳を過ぎたらどうやって生きていこうか」と悩んでいるという。

週刊文春を読めばわかるように、特派記者の記名原稿がない。

それゆえ、いくらスクープを連発しても、記者の名誉として自己アピールしにくいので、50歳を過ぎてからルポライターや作家になりたくてもなりにくいのだという(ごく一部の限られた記者は記名原稿になることもある)。

・気持ちをしっかりと書いた手紙を渡す

他誌にはあまりない傾向が週刊文春の特派記者にある。手書きの手紙を書いて、取材対象に渡すのである。

どうして取材をしたいのか、気持ちをしっかりと書いた手紙を渡すことにより、本来ならば取材を受けないような相手が応じてくれることも多々あるのだ。

スクープを得るためなら「非合法以外」なんでもする。ガチガチに凍った人の心も「雪解け」させる。それが特派記者なのである。

・内容証明は「お手紙」

それでも、記事を書いているとブチギレ激怒した相手から訴えられたり、内容証明が届くことがある。

週刊文春内では内容証明を「お手紙」と呼んでおり、特派記者は「○○さんからお手紙きました~」と言われて報告されることがある。

ときに訴訟額などで相手から金銭を要求されることもあるが、特派記者にとってそれはステータスとの声もある。「おまえ○○万円?おれ○○○万円(笑)」のような会話がされることも…。

・訴えない芸能人がほとんど

著名人からの訴えはだいたい取り下げられる。

たとえば芸能人が「そんなことは一言も言ってない」「ねつ造だ!」「名誉棄損だ!」と怒って訴えてきても、勝てる見込みがなかったり、単なるアクションのために訴えるだけのケースがよくある。

それゆえ、訴えを起こしても、後日、取り下げられるケースが多いという。「訴えられた」という出来事も記事にする可能性が高いため、そもそも訴えない芸能人がほとんどである。

・飛ばし記事は特派記者にとって「末代の恥」

著名人が訴えない理由はもうひとつある。週刊文春の特派記者は、相当しっかり「裏取り」を行うため、記事の信憑性が極めて高い。飛ばし記事は特派記者にとって「末代の恥」なので、取材はかなり慎重。

スポーツ新聞や女性週刊誌のなかには憶測で記事を書いている記者もいるが、裏取りもしてない適当な記事は、週刊文春にいっさい掲載されないと考えていい。裏取りをしても、確約が得られるまで掲載しないスタンスだ。

・追及するだけ墓穴を掘るパターン

よって、週刊文春が根も葉もないことは書くことはなく、書かれている時点でいくら本人が否定しても、裁判で勝てる見込みがなかったり、追及するだけ墓穴を掘るパターンに繋がる。

ただし、小ネタが集まる「ワイド特集」には裏取りが完璧に完了していない記事が掲載されることも稀にある(信憑性が高いネタではあるが)。

・特派記者の知り合いを採用するケース

特派記者の年収はまさに人それぞれだが、世間が思っているよりも低く、高くても800万円前後。副業でもっと稼ぎたくても、なかなかできない。

なぜならば、週刊文春の仕事が忙しすぎて余裕がないからだ。それでも特派記者になりたいという人は、稀に特派記者を募集しているので応募してみてはどうだろうか。

とはいえ、特派記者の知り合いを採用するケースが多いという。神戸連続児童殺傷事件の取材時には、特派記者が命の危険を感じて逃走することもあったが、自分にその覚悟があるのであれば、特派記者に応募するのはありかもしれない。

・月刊誌の文芸春秋

ならば、特派記者ではなく正社員はどのような「上」を目指しているのか?週刊文春を編集している株式会社文藝春秋では、月刊誌の文芸春秋のことを「本誌」と呼ぶ。

いくら週刊文春がスクープを連発し、世間で有名になろうとも、文芸春秋のほうが格上というスタンスだ。週刊文春編集長を経て、本誌である文芸春秋の編集長になるのが出世コースといわれている。

・毎週木曜日の発売日が楽しみ

いかがだろうか。これがスクープを連発する週刊文春帝国の体制なのだ。これからも驚くスクープが連発されることを期待して、毎週木曜日の発売日を楽しみにしたいところである。

出典:週刊文春

権利侵害申告はこちら

Spotlightのライターなら1記事最大3000円もらえる!日本最大級メディアでライターデビューのチャンス