ゴールデンウィークも迫ってきました。旅行や帰省など楽しい予定が目白押し。でも高速道路での渋滞、人混みで並んでいるトイレなど、トイレに行けない状況に陥ってしまうこともありますよね。そんなピンチの時に使える最大限尿意を我慢する方法をまとめました。知っておくと便利ですよ。

尿意を感じた時、膀胱にはまだ2割程度の余裕がある!

Licensed by gettyimages ®

体内で尿を溜め込む膀胱は1.5センチという厚さの壁をもつ袋で、ある程度の伸縮が可能です。
その容量には個人差がありますが、500ミリリットル程度の水分を溜めることができます。
膀胱が大きめの人なら、1リットル近く入るという場合もあります。

出典 http://xn--k9j9bsb1rocxfpa.com

個人差はありますが、1リットル近く溜めておけるのです。

ここに尿が8割ほど溜まって膀胱の壁が伸びると、大脳に「尿意」の信号が送られます。元々1.5センチの厚さがあった膀胱壁は、尿意を我慢すると3ミリ程にまで薄くなります。つまり、膀胱壁が薄くなるにつれて尿意が強くなっていくという仕組みなのです。
尿意を感じた時、膀胱にはまだ2割程度の余裕があるということです。

出典 http://xn--k9j9bsb1rocxfpa.com

膀胱壁は伸びるのです。尿意を感じても2割は余裕があるのです。

顎のふくらみの中央を押す!

出典 http://facial-reflexology.cocolog-nifty.com

膀胱の筋肉の伸縮性を高めるツボなんだそう!

『ディエンチャン』なるベトナムの民間ツボ押し療法。「アゴの中央」に「尿量を減らすツボ」があるというので、考えているふりなどして、指やこぶしでさりげなく押す。

出典 http://www.ikyo.jp

日頃から練習してツボを押さえておきましょう。

骨盤低筋体操をする!

出典 http://oshiri-kenko.jp

肛門あたりに力を入れて緩める動作を繰り返すと効果があると言われています。これは、尿もれの予防・改善に行う「骨盤底筋体操」と同じ原理です。

出典 http://ima-colle.jp

締める→緩めるを数回行うことで骨盤の筋肉を鍛えましょう。

ふだんから骨盤底筋運動などで、最終的に排尿するしないを左右する筋肉「外尿道括約筋」を鍛えておく。布団の中などに横たわった状態で、外尿道括約筋に5~10秒くらい力を入れてはゆるめるを10~30回。

出典 http://www.ikyo.jp

車の中や電車のなかでもできますね。

スクワットする!

出典 http://dietbook.biz

足を肩幅より開き、上半身まっすぐでガニ股スクワット。15~20回程度で尿意がひっこむ(こうして少しずつ尿を我慢し、大脳に尿意を知らせる容量を増やしていく)。

出典 http://www.ikyo.jp

スクワット15~20回はちょっとキツイかもしれませんが、やってみましょう。

意識を別のところへ持っていく!

Licensed by gettyimages ®

緊張したり焦ったりと心理的不安を感じると、膀胱はキュッと収縮してしまうんだそうです。緊張するとトイレに行きたくなるのは、この収縮が原因と言われています。音楽を聴いたり、考え事をする事で尿意を別のところに向けるのも効果的です。

排尿の仕組みの動画

出典 YouTube

こんな風な仕組みになっているのです。尿意と神経は密接に繋がっています。

コーヒー、緑茶、ウーロン茶はカフェインが含まれている

Licensed by gettyimages ®

緑茶、コーヒー、烏龍茶にはカフェインが含まれるので、利尿作用がありトイレが近くなります。また、オレンジジュース、炭酸飲料も尿意をもよおすといわれていますので飲料水を選ぶときの参考にしてみてください。


下腹部を温める

Licensed by gettyimages ®

下腹部を温めると尿意が遠ざかるとも言われています。冷やさないようにしましょう。

ゴールデンウィークなど行楽には、もってこいの季節です。いざというときの尿意の我慢の仕方をご紹介しました。参考にしてみてください。ただ、あまり長時間の尿意の我慢は体に良くないので注意してくださいね。

この記事を書いたユーザー

うー このユーザーの他の記事を見る

東京が好きで、昭和が好きで、古い日本のドラマも好きで、カフェが好き。
忘れられかけている遠い記憶のことを掘り起こしています。

権利侵害申告はこちら

Spotlightのライターなら1記事最大3000円もらえる!日本最大級メディアでライターデビューのチャンス