エスプレッソにふんわりとしたスチームミルクで描くラテアート。単なるカフェのサービスを超えて、今では作品と呼べる様な素晴らしいものが沢山あります。美しかったり、可愛かったり、個性的なラテアートを楽しみにカフェに行くという人も多いのではないでしょうか。

米・ラスベガス州のコーヒーショップSambalatteのバリスタであるメイソン・ソールズベリー(Mason Salisbury)さんの作り出すラテアートが、見たことの無い美しさだと話題になっています。エスプレッソの上で描かれているのは、美しく鮮やかなラテアート。

いくつもの鮮やかなカラーが重なりあって、とてもカラフル!この色はすべて食用色素を使っているので、安心して飲む事ができます。だけど、もったいなくてなかなか飲めないかも。

一体、どんな風に描かれているのかと思いますが、実はとてもシンプル。ラテアートの基本通りフォームミルクに食用色素を入れたものを、注ぎながら形作ってゆくのです。Instagramには、動画も沢山アップされているので、その一つをご紹介しますね。

一筆書で色鮮やかな文字を表現する花文字を思い起こさせる様なシンプルな描き方ですが、それだけに高い技術が求められそう。

色を使ったラテアートは今までもありましたが、後から色をのせて絵を描いてゆくというもでした。メイソンさんの様に、一気に美しい虹色模様を作り出せるのは、さすがプロのバリスタが魅せる素晴らしいラテアートの技術です。

エスプレッソコーヒーの濃い茶色とミルクの白、シンプルな濃淡で描き上げるラテアートも美しいですが、メイソンさんのこの色鮮やかなラテアートは他では出会う事のできないスペシャルなもの。

ラテアート定番の木の葉模様も、全く違う顔をみせます。

同じくラテアートの基本ともいえるハート模様。差し色効果でなんとも可愛らしい!

虹色の白鳥。

メイソンさんの色鮮やかなラテアートは、世界中のメディアで紹介され大反響。メイソンさんのInstagramには「なんて美しい!」「飲んでみたいなぁ」「クールだ!」と絶賛コメントが。

このラテアートを飲んでみたいという方は、ラスベガスまで行ってみてはいかがでしょう?

この記事を書いたユーザー

Mucoco このユーザーの他の記事を見る

愛犬と一緒に、海を眺めながら暮らしています。

権利侵害申告はこちら

Spotlightのライターなら1記事最大3000円もらえる!日本最大級メディアでライターデビューのチャンス