「あんかけ焼きそば」というとチェーンの中華料理屋さんでは揚げそば(かたやきそば)が出てくることが多いですよね。やわらかい麺が食べたい、具も自由にしてみたいと思って作ってみたら意外と簡単でした!材料リストは一見多く見えますが、3つの具材以外は全部調味料です。

材料(2人分)

シーフードミックス…1袋(大きいサイズなら半分くらい)
やきそば(市販の麺)…2~3袋
チンゲン菜…2束
★野菜はチンゲン菜でなくてもにんじんやもやし、しいたけなどお好みで好きなだけ!

片栗粉…大さじ1
水…大さじ2~3
おたふくソース…適宜
オイスターソース…(お好みで)少々
塩こしょう…少々
料理酒…少々(なくても大丈夫)

【以下A:全部合わせておく】
・砂糖…小さじ1
・酒&しょうゆ…各大さじ2
・お湯か水…1カップ
・だしのもと(顆粒)…あれば少しだけ

※あん用と麺用でフライパンを2つ使うことになるので、ない人はあんを鍋で作るととても便利です。

手順1:シーフードを炒める

出典撮影:蜜

解凍しておいたシーフードミックスを軽く炒めて、塩コショウします。そこそこ火が通ったらいったんお皿に移しておきます。

※ちなみに解凍するのがめんどくさいというズボラさんは、冷凍状態のまま炒め始めても大丈夫ですが、くさみ消しのおまじないとして料理酒をサッとかけて炒めると良いです。溶けて水が出るのでそれを捨てるのは忘れずに。

手順2:野菜を炒める

出典撮影:蜜

熱したフライパン(鍋でも大丈夫)に油をしき、食べやすい大きさに切った野菜を炒めます。野菜の種類にもよりますが、チンゲン菜はしんなりするまで炒めました。にんじんなど固めの野菜を使うときも、しっかり火を通した方が良いと思います。

手順3:順番に合わせていき、あんの完成

出典撮影:蜜

野菜に火が通ったら、【A】を入れて煮立てます。
煮立ったらシーフードを入れて少し煮ます。
いったん火を止めて、水溶き片栗粉を入れてまぜることでとろみがつきます。片栗粉を入れ終わってから気持ち少しだけ加熱しても大丈夫です。

手順4:焼きそばを作る

出典撮影:蜜

別のフライパンに油をしき、焼きそばをつくります。ポイントは水+料理酒で炒めるとなんとなく臭みが飛ぶことと、おたふくソースで味付けをしています。市販のやきそば麺にセットでついてくるソースの粉は、使ったとしても麺2玉に対して1袋の半分くらいです。理由はあんの味が濃いめなので、粉ソースを使うとどっちの味も濃くなってしまうからです。あと個人的な好みです。

※オイスターソースの風味が好きな人は、この味付け時に使うと良いです。苦手な人は入れなくて大丈夫です。また、どうしても濃い味が好きなんだ!という人はふつうに粉ソースで味付けをしても何の問題もありませんが、本当に濃くなってしまうと思います。

完成!

出典撮影:蜜

麺を炒めたら、あんをかけて完成です!好きなものしか入ってないあんかけ焼きそばは、本当においしいですよ!今回はシーフードミックスを使いましたが、豚肉と野菜でもけっこうおいしかったです。

ポイント1野菜を多めに入れたい人は、あんの味が薄くならないようにお好みで調味料の量を調整してみてください。

ポイント2この分量であんを作っておいて、炒める麺を1玉にすると2回食べられます。一人暮らしの方にもおすすめです(^^)

※片栗粉を使うので冷凍保存には向いていません(せっかくのとろみが、冷凍→解凍でシャバシャバになってしまいます)。

どこでも売ってる食材で作れて、ちょっと元気がない時でもやわらかい麺とほどよい濃さのとろとろあんかけは美味しく食べられます!好きなものばかり入れた自分だけのあんかけ焼きそば、ぜひ作ってみてください。

この記事を書いたユーザー

権利侵害申告はこちら

Spotlightのライターなら1記事最大3000円もらえる!日本最大級メディアでライターデビューのチャンス