記事提供:Doctors Me

医師が解説する医療・健康サイト「Doctors Me」編集部です。
外ではコンタクトレンズ、家ではメガネという方、多いのではないでしょうか。
ところでコンタクトレンズとメガネの度数って、同じにするべきかわからないなと思いました。

今回のテーマは『コンタクトレンズとメガネの見え方の違い』についてです。Doctors Me眼科医師に話を聞きました。

Q.コンタクトレンズとメガネの「見えるようになる仕組み」を教えてください。

目に入ってきた光は、眼底網膜に像が写し出されます。
映画館で例えるなら、網膜はスクリーンです。

近視の方はピントがスクリーンの手前で合ってしまいます。
遠視の方はスクリーンの後方でピントが合ってしまいます。
近視も遠視も、スクリーンに映し出される場所からずれているため、見える映像がぼやけてしまいます。

コンタクトレンズやメガネは、ピントをスクリーンに合うように調節することでクリアな映像が映るようにします。
近視の方には凹レンズの使います。凹レンズはピントが合う点を遠くにする働きがあり、手前にあってしまう近視のピントを遠くにすることができます。
遠視の方には凸レンズの使います。凸レンズは、網膜(スクリーン)の後ろにピントが合う遠視のピントを手前にすることができます。

Q.コンタクトレンズとメガネ、同じ度数を着けることが基本ですか?

コンタクトレンズ全く同じ度数でメガネを作ってしまうとメガネの度数が弱め、コンタクトレンズの度数が強めになってしまいます。

メガネはレンズと目の間の距離(約12mm)があります。
一方、コンタクトレンズは目に直接付けるため眼球からレンズまで距離がありません。そのため、コンタクトレンズの度数は1段階弱くなります。

また、コンタクトレンズとメガネではレンズの大きさや厚みに違いがあります。
レンズの度数が強くなるとメガネはレンズの厚みの変化が大きくなるため、コンタクトレンズとの度数の差も大きくなります。

そのためコンタクトレンズとメガネを同じ度数にすると、見えにくくなってしまいます。

Q.コンタクトレンズとメガネで度数が違っても問題ないのでしょうか。

先ほどお伝えしたように、コンタクトレンズとメガネで度数が違うことは問題ありません。

メガネもコンタクトレンズ、どちらも弱すぎても強すぎてもよくありません。
どちらも眼精疲労などの原因になりえます。それぞれ目に合った度数で作ることが大切です。

また、日常で使うシーンを想定してコンタクトレンズやメガネを作るといいです。
近視の場合、日常生活ではパソコンやスマートフォンを使用することが多い方は少し度を弱めにして近くを見やすくなります。
運転する機会が多く遠方を多くみる方は遠方がはっきり見える度数にされるといいと思います。

ただし、老眼が始まった方などは遠方がはっきり見えるメガネだと手元が見えにくくなることがあります。その場合、遠方の見え方を少し弱めにして手元を見やすくすることもあります。

Q.「目を休める」意味で、メガネの度数を弱めることは理にかなっているのでしょうか。

度数を弱めたからと言っても見えにくいメガネであればそれでは目が疲れてしまいます。無理に度を弱める必要はないと思います。

たださきほども書きましたように、近視の方でパソコンやスマートフォンを見ることが多い方は、少し弱めでもいいと思います。

≪あなたの眼、お疲れではないですか?≫
パソコンやスマホなどで目が疲れている人が増えています【疲れ目】診断

最後に医師からアドバイス

コンタクトレンズは目に直接つけるので、より自然な見え方が期待できます。
一方メガネの場合は眼を動かしてメガネのレンズの周辺で見たときに二重に見えたり歪んで見えたりすること近視の方は見た物が小さく見える、遠視の方は逆に大きく見えることもあります。

また見える視野もメガネよりもコンタクトレンズのほうが広い範囲で見えます。メガネでは矯正できない屈折異常もコンタクトレンズでは視力が出ることもあります。

ただコンタクトレンズは目に直接付けて装用するため角膜に傷が付くことがあります。
ケアを怠ると取り返しのつかない目の後遺症を引き起こすことがあります。目に異常を感じたらすぐに眼科で診察を受けること、定期的に目の検診を受けることが必要です。

その点、メガネはそのような目の病気を起こすことはなくコンタクトレンズよりも安全だといえます。

普段はコンタクトレンズを使用される方も、コンタクトレンズを使用できない時のためにメガネも作っておきましょう。


(監修:Doctors Me 眼科医師)

この記事を書いたユーザー

Doctors Me(ドクターズミー) このユーザーの他の記事を見る

Doctors Me(ドクターズミー)は、医師、薬剤師、歯科医、栄養士、カウンセラー、獣医に相談できる、ヘルスケアQ&Aサービスです。医師をはじめとする専門家が解説する人気コラム、病気・症状の体験談等を配信中!

権利侵害申告はこちら

Spotlightのライターなら1記事最大3000円もらえる!日本最大級メディアでライターデビューのチャンス