出典 https://twitter.com

歌手の松浦亜弥さんのモノマネでブレイクし、俳優、振付師としても活躍した芸人の前田健さんが44歳の若さで急逝しました。

24日の午後7時過ぎに新宿の路上で倒れ、緊急搬送されるも意識不明の状態が続き、26日午前1時36分に意識が戻らないまま帰らぬ人となってしまったのです。

元々不整脈だった前田さんは通院もしており、周囲にも「心臓が悪い」と自身の体調について説明していました。

あまりにも早いその死に、多くの芸能人や芸人の方から追悼メッセージが寄せられています。

親交の深かった方の追悼メッセージ

「また来るわ」が叶わないなんて…。

とても優しい人柄が窺えます。

事務所に入って最初の仕事でご縁があった上田さん。

心中お察しします。

44歳…早すぎます。まだまだこれから円熟期を迎えようというところだったのに…。

同じカテゴリーの者同士、親交を深めていた楽しんごさんも…。

お子さんに会わせてあげたかったですよね。

ブレイク前からの旧知の仲だったようです。昔を知っていればいるほど辛い気もします。


この短い文章がいとうさんの心中そのものなのではないでしょうか。

この他に、前田さんが倒れた当日にTwitterで俳優の佐藤二朗さんとやり取りをしていたこともわかりました。

「絶対還って来い」

佐藤さんの呼びかけが届くことはありませんでした…。

間近でその才能を見てきた佐藤さんは、前田さんをこのように評しています。そして、改めて遠くに行ってしまった前田さんに、こんなメッセージを送っています。

「才能に惚れてた」

この一言がお二人の関係を表しているのではないでしょうか。

また芸人仲間の中でも、特に仲が良かったはるな愛さんと、はなわさんはそれぞれブログで心境を吐露しています。

「本当に残念です」

出典 http://ameblo.jp

オネェ特番では独特なキャラで、兄貴系で、独特の視点でコメントして。

芸人さんの意識が高く今では監督や作家など幅広く、多彩な人でした。

思いやりがあって、特に後輩おもいなマエケンちゃん。

これからももっと仕事を一緒にしたかった。

本当に残念です。ショックです。

出典 http://ameblo.jp

お互いに松浦亜弥さんのモノマネでブレイクしたという共通点を持つお二人は、互いの芸を切磋琢磨し合う間柄だったようです。

あまりにも突然の別れに、ショックを隠しきれない様子がブログには綴られていました。

「僕の一番の理解者だった」

出典 http://ameblo.jp

はなわさんと前田さんは、同じ事務所の先輩・後輩というだけでなく、家族ぐるみでのお付き合いをしていました。

ブログでは、前田さんとはなわさん一家とのエピソードも綴られています。

はじめて会ったのは上京してすぐ。僕がまだ18歳。まえけんさんは23歳でした。

20年以上もずっと一緒に芸人の道を歩んできた親友です。

僕の「悩み」「喜び」「夢」すべてを一番に相談し共有してきた家族のような存在でした。

出典 http://ameblo.jp

18歳の少年が、佐賀から東京に上京するだけでも不安なこと…抱いた気持ちの全てを共有できるのが、前田さんだったのです。

僕の嫁ともすごく仲良くしてくれて、僕が家に帰れないほど忙しくなった時、いつも家に来てくれて僕の代わりに子守りや買い物を手伝ってくれました。

相談もたくさんしました。

嫁とケンカした時、仲裁してくれた事もありました。

出典 http://ameblo.jp

単純に家族と仲がいいだけではなく、お子さんの相手や買い物まで手伝ってくれていたのです。

血縁のあるきょうだいでも、ここまで面倒を見ることは少ないのではないでしょうか。

一つだけ心残りなのは、「佐賀県に行ってみたい。」とずっと言ってくれていたのに連れて行けなかったことです(>_<)

まえけんさんは事ある毎に
「はなわにもしものことがあったら嫁と子供の面倒は俺がなんとかする。」
と言ってくれていました。

まえけんさん、早すぎるよ。悲しすぎます。

出典 http://ameblo.jp

自分が万一死んでしまった時、後は任せろと言ってくれる友人はなかなかいないはず。

いかに前田さんがはなわさんを大切に思い、はなわさんも前田さんのことを心からリスペクトしていたかがわかるエピソードですね。

あまりにも突然の別れに、多くの人が深く悲しんでいます。

生前では聞かれなかったエピソードを聞く度に、いかに前田さんが愛されていたかをひしひしと感じました。

ご遺族の方にお悔やみ申し上げるとともに、心よりご冥福をお祈り申し上げます。

この記事を書いたユーザー

週休二日制 このユーザーの他の記事を見る

動物が大好き。会社員であり、流浪のライターとしても活動。
興味を持ったことを色々書いてみます。

権利侵害申告はこちら

Spotlightのライターなら1記事最大3000円もらえる!日本最大級メディアでライターデビューのチャンス