保育園に通わせている親御さん、これから通わせようと考えている親御さんの中には、お子さんがオムツを使っているケースというのは多々あるかと思います。

しかし、このオムツの処理について賛否が分かれる問題があることをご存知でしょうか?

それは…

使用済みオムツの持ち帰り問題

Licensed by gettyimages ®

※大前提として、保育園によって異なるということを踏まえたうえでお読みいただけると幸いです。

保育園や自治体にもよるのですが、保育園でお子さんが“使用したオムツ”を保護者に持ち帰らせる園があるというのです。

一体どんな理由で持ち帰りというルールなのかというと…

健康チェックのため(文京区)

Licensed by gettyimages ®

使用用済みオムツの回収を業者に依頼するためには、オムツから汚物を取り除いておくことが必要となり、保育士が保育時間の中で個々の処理に対応することは困難な状況です。また、園内で汚物処理の機会を増やすことは、感染症の拡大につながる恐れもあることから、現在のところ業者への回収委託は考えておりません。

なお、保護者の方に、保育園での排泄の量や便の状態などを実際に確認していただくことは、お子さんの体調の把握や、かかりつけ医への受診が必要かどうかの判断材料になりますので、使用済みオムツの持ち帰りにご理解とご協力を賜りますよう、よろしくお願いします。

出典 http://www.city.bunkyo.lg.jp

業者に頼むにも保育士の手間になる、感染症の拡大に繋がる恐れがあるという理由以外に、オムツを保護者が見ることで健康チェックの判断材料にして欲しいという理由なのだそうです。

たしかに排泄物は判断材料の一つですが、暑い季節に便を長時間そのままにするのも意見が分かれるところではないでしょうか。

オムツ=衣類と同じ扱い(横浜市)

Licensed by gettyimages ®

公立保育所では、以前は布オムツを使用していたということもあり、紙オムツをお持ちいただくようになった現在でも、消耗品としてではなく衣類としてお返しをしておりますが、ご要望いただきましたように全園で紙おむつの廃棄を行うとなると、使用済みのおむつを廃棄するまでの間、衛生的に保管をしておく場所の確保や廃棄するための処理費用などのコスト面から現状では難しいと考えます。

出典 http://cgi.city.yokohama.jp

布オムツの名残で衣類として返しているそうです。

「業者に処理を依頼するにも、費用が足りないから現状維持でお願いします」とのこと。

しかし、園によっては別途料金を支払うことで処理してくれる場合もあり、このあたりは親御さんの価値観と他に選べる保育園の有無で大きく変わってきそうですね。

このオムツ持ち帰り問題について、戸田市議会議員の酒井いくろう議員は次のように述べています。

「ビニル袋に入れていてもニオイがもれてきます」

出典 http://sakai-ikuro.com

先日、公立保育園について保護者の方から話をお聞きする機会がありました。

その際に初めて知ったのですが、戸田市の公立保育園(全8園)では、園児がうんちやおしっこをした後の使用済みの紙おむつを(園では廃棄処理せず)保護者が持ち帰るきまりになっているとのことでした。

私は以前、保育所を運営する会社に勤務していたことがありますが、使用済みの紙おむつは園で捨てるのが当たり前だと思っていたので、こうした実態を聞いて大変驚きました。
(サービス面、衛生面のどちらの面から見ても考えられないことでした)

経験された方なら分かると思いますが、使用済みのおむつはビニル袋に入れていてもニオイがもれてきます。夏場に半日もたったらかなりきつい。

保護者の中には、もう慣れてしまって「何とも思わない」という方もおられるようですが、バスや電車など公共交通機関で帰る方、帰りに買い物をされる方などは特に、匂いが漏れるのが気になるという方も多いようです。

不便なだけでなく、衛生面も大いに疑問です。

出典 http://sakai-ikuro.com

これから暑い季節になれば、衛生面で心配ですし何よりもニオイが問題になるというのは理解できます。

酒井議員は、この他にもオムツを持ち帰ることでノロウイルスなどの感染症の集団感染の深刻化が懸念されるということにも言及していました。

たしかに交通機関などで感染してしまう原因にもなりかねませんね…。

では、当の親御さん達はオムツ持ち帰りについてどのように考えているのでしょうか?

親御さんの声

ただでさえ小さなお子さんと外に出る時には、荷物が多くなりがち。プラス仕事の持ち物もあるのに、さらに使用済みオムツもとなると親御さんが負担に感じるのは無理もありませんよね。

どこも持ち帰り…園で廃棄して欲しいと考える親御さんにとっては、他の選択を考えざるを得ないのでは。

12個も…お疲れ様です!

保育料と園のルールを天秤にかけて考えることも必要かもしれません。いくら安くても、親御さんの負担や考えに合わなければ、預ける意味もなくなってしまうのではないでしょうか。

保活も熾烈を極めていますから、選択肢が他になければ妥協せざるを得ないという環境の方も…。親御さんの選択肢を増やす意味でも、保育園の増設は必要な気がします。

電車やバスなどの交通機関を利用する親御さんの場合、特にニオイが困りますよね…。帰りにスーパーなどに寄り辛くなるのでは?

こちらは持ち帰りで健康チェックの目安にしている親御さん。活用されている方もいらっしゃいます。

持ち帰りに懸念はあるものの、トイレトレーニングに力を入れていることを評価している親御さん。

カリキュラムや保育方針でプラスアルファの魅力があると、また違うのかもしれません。

感染症拡大の観点から持ち帰りを問題視している親御さんもいらっしゃいます。

この方のお子さんが通っている保育園では、持ち帰りしない保育園だったことから感染症とは縁遠かったそうです。

「お金がかかるから持ち帰れ」と明記している自治体も、先述の通りあります。

元を正せばお子さん達の使用済みオムツは、産業廃棄物です。これは見方によっては産廃処理を怠っていることにならないか?と疑問を呈す親御さんもいらっしゃいました。

「処理にお金がかかるから」ということであれば、認可保育園であれば尚更自治体などがオムツ処理の予算を増やさなければならないのではないでしょうか。

賛否両論分かれるところですが、一番大切なのは衛生的であることと、お子さんを感染症などのリスクから守ることです。

持ち歩くことで起きる問題、親御さんの負担、お子さんの健康管理を総合的に考えて保育園選びをしたいですね。

この記事を書いたユーザー

週休二日制 このユーザーの他の記事を見る

動物が大好き。会社員であり、流浪のライターとしても活動。
興味を持ったことを色々書いてみます。

権利侵害申告はこちら

Spotlightのライターなら1記事最大3000円もらえる!日本最大級メディアでライターデビューのチャンス