階段をめちゃくちゃ慎重に降りる男の子が、最後の一段で盛大にやらかす『Boy Cautiously Climbs Down Stairs』という動画。これが“油断大敵”という言葉を映像化したような…見事な“油断っぷり”だったので紹介したいと思います。(笑)

過去に転倒した事があるのか、階段の手すりをしっかりと握り…

一歩一歩、段差を踏みしめながら階段を降りる男の子。

ちなみに、撮影している事には気付いているようですが…

慎重に慎重を重ねる男の子は、カメラに目もくれることなく手すりに集中。

ゆっくりと、そして、丁寧に階段を降りていきます。

慎重すぎる男の子。どう考えても油断とはかけ離れた動きなのですが、着地点が見えたからなのか、はたまた、手すりが終わったからなのか、ここで男の子…盛大にヤラかすんです。(笑)

あれだけ慎重だった男の子。ここで突然カメラ目線になり…

『やったぜ!』

と、このドヤ顔。更に、成功を祝し、自ら手を叩き自画自賛するのですが、残り1段を忘れていた男の子は…

自画自賛しながら

大転倒!(笑)

これぞまさに…油断大敵!

では、最後の1段で全てを台無しにした男の子の、華麗なるズッコケっぷり。どうぞご覧ください!

出典 YouTube

あと1段だったのに…(笑)

やり遂げた表情から、自信を喪失した表情まで…、その間わずか“1秒”で駆け抜けた男の子。これは悔やんでも悔やみきれませんね。

手すりの構造が、若干イジワルな感じもしますが、この失敗によって“油断大敵”という言葉を覚えた男の子。今後は、石橋を3回叩いて渡るような気持ちで(笑)、慎重に階段…降りてほしいですね。

この記事を書いたユーザー

kota60 このユーザーの他の記事を見る

家族や友人に話したくなる…そんなネタを中心に発信していきます!

なお、記事作成後、即ツイートしますので、誰よりも早く記事を読んでくれる方!ツイッターのフォロー(@thelovedtools)宜しくお願いします。

権利侵害申告はこちら