記事提供:バズプラスニュース

皆さんは、任天堂の聖地と呼ばれている食堂「84」(はし)をご存知だろうか?元任天堂社員の橋本氏が経営しており、その人柄と人望と人脈により、数多くのゲーム業界人が訪れている、まさに任天堂の聖地、いや、ゲームの聖地ともいうべき食堂なのだ。

・宮本茂氏のサイン

店内には、任天堂の宮本茂氏のサインや、ポケットモンスターの作者として有名な増田順一氏のサイン、『ゼルダの伝説』総合プロデューサーの青沼英二氏のサイン、グルーミーの森チャック氏のサイン、

さらに、新店舗から公開となった綾部奈保子さんの『ゼルダの伝説』イラストまで飾られている。普通なら見られない、絶対に手に入らないレアな任天堂アイテムも展示されている。

・住所は未公開

信頼と「人とのつながり」を大切にしている「84」は、完全会員制。一度でもこの店を訪れた会員しか入れないため、どうしても行きたい人は会員の同行者として入るしかない。

そもそも、住所を公開しておらず、さらにイシスのピラミッドの隠し階段のごとく「ものすごく見つけにくい場所」にあるため、一般客が入ることは難しい。

ごく稀に「さまよう鎧」のごとく入ってきてしまう客もいるようだが、入店はお断りしているという。

・旧店舗よりも居心地が良い!?

そんな「84」が2015年に移転のため閉店。再オープンの日が未定だったため、多くの会員たちが「いつオープンするんや!」と言っていたが、ついに2016年4月に再オープン!

旧店舗よりも居心地が良くなり、メニューもリニューアルし、評判も上々のようである。

・会員も場所は教えられず

しかし!前回と同様に「ものすごく見つけにくい場所」に再オープンしたため、店舗を見つけることができない会員たちが多くいるようだ。

そう、会員だとしても新店舗の住所は教えられていないのである。一部の会員には「住所のヒント」が与えられているので、それをもとに店を探すことになりそうだ。

・場所探しもゲームのひとつ

「えっ!?そんなことしてたらお客さんがこなくて困るんじゃないの」と思った?

そのとおり。新店舗の場所がわからないので、お客さんはあまり来ない(笑)。しかし、ゲームの隠しダンジョンも、最初はごく一部の人たちが発見し、じょじょにその場所が明らかになり、拡散されて多くの人が知るようになる。

「84」の場所探しもゲームのひとつなのだ。新しくなった「84」を体験したい人は、場所を発見した会員と一緒に行ってみるといいだろう。

・会員カードをゲットする

新店舗になり、新たにスタンプカードと会員カードのサービスが開始された。会員カードには番号が記載されており、裏にはマジックで名前を書くシステムになっている。

会員番号が100番以下ならば、ある意味「ファーストな番号」といえるのではないだろうか。任天堂マニアならば64番(ロクヨン)が欲しいかも!?ちなみに、ボトルキープも可能になった。

・いくつか配慮が必要

もしあなたが「無事に店に行けた」ならば、いくつか気に留めておくことがある。

店内の撮影は可能だが、スマホの位置情報が写真に含まれてしまうことがあるので、位置情報はオフで撮影しよう。また、インターネット上に住所を書き込むのはやめておこう。

店舗がある町の名称も書かないほうがお店としては嬉しいようだ。「日本のどこか」ぐらいならば問題ないだろう。

・店舗データ

店名:『84』(はし)
住所:日本のどこか
時間:秘密
休日:秘密

出典 YouTube

権利侵害申告はこちら

Spotlightのライターなら1記事最大3000円もらえる!日本最大級メディアでライターデビューのチャンス