記事提供:東京都議会議員 おときた駿 公式サイト

こんばんは、おときた駿@ブロガー都議会議員(北区選出)です。

舛添知事が突如として、新宿区にある都有地を韓国人学校建設のために韓国政府に貸与する方針を打ち出したことが議論を呼んでいます。

で、本件について上記でTweetした通り、数値的な根拠を求める文書質問を議会最終日に提出しておりまして。

こちらの回答が正式に返ってくるのは次回定例会の初日になりますが、答弁調整の中でおおむね東京都の回答スタンスについては判明しました。

私が本件で何より重要視しているのは、その「必要性」です。

「韓国人学校が手狭になっている」と朴大統領から要請を受けたそうですが、それならばどれだけ、入学希望が叶わない人たちが都内にいらっしゃるのか?

この数値的な根拠がなければ、韓国人学校の必要性を議論することはできません。

ですが結論から言うと、東京都はこの状況を把握していません

いや、もしかしたら把握しているのかもしれませんが、少なくとも議会答弁ですらその数値は出す気がないようです。

「外国人学校の入学者選抜は、各校の自主性に任せており、報告は受けていない」とのことで、また各学年に現在何名の生徒が在籍しているかなどの情報も、「非公表」のためお伝えできないという見解のようです。

5年間の入学希望者数の経年変化どころか、1年分すら把握することができませんでした…(なお賃料についても、「今後の協議次第でまだ未定」だそうです)

ここからわかることは、少なくともただ一つ。

われわれ都民は、本当に韓国人学校が「手狭」なのかわからないまま、数値的な検証も行えないまま、朴大統領からの要請を受けた舛添知事の一存で、都民資産である都有地の貸し出しを是認しなければならないということです。

「都議会はなぜ、この知事決定を止められないのだ!」というご意見を数多くいただきますが、都有地に関して都議会の議決を必要とするのは、「2億円を超える売却案件」のみ

それ以外については、知事決定で執行することができます。

だからと言って、知事が独断ですべてを決めて良いはずがありません。

誤解を招かないために何度でも申し上げますが、私は国際親善を否定するつもりは一切ありませんし、韓国に対して悪い感情を持っていることもありません。

韓国人の友人だって沢山いて、みな聡明で気の良い人たちです。日本と韓国が強い絆で結ばれることを、心から願っています。

ですが一方で、現在の日韓関係は一筋縄でいかないことも確かです。

韓国に対して、厳しいご意見や感情を持っている方々は大勢います。これは現実として、率直に認めなければいけないと思っています。

だからこそ今、韓国との関係づくりに関わることは、より丁寧に進めていく必要があります。しっかりと必要性の数値的根拠を示すことは、その最低限の条件と言えます。

なんら数値的な検証も行えないまま、他国の首長の要請に従って都有財産を差し出すことに、どれだけの都民が得心できるのでしょうか。

せめて韓国政府から、「手狭」の論拠となっている数値を提出してもらうべきです。

むしろこの対応は日韓の友好関係どころか、反感を招く「逆効果」になりかねません。
私はそのことを、非常に強く危惧をしています。

「すべての人に支持される政策はない」そう開き直る舛添知事の主張も、一面は真実なのかもしれません。だからといって、都民を置いていくことは、断じて許されることではありません。

少なくとも過半数を超える都民には、納得できる説明を尽くすべきです。

確かに都議会の議決は必要のない案件かもしれませんが、本件は次回の定例会でも取り上げ、一人でも多くの都民が納得できる論拠の提示を求めていきたいと思います。

舛添知事の都市外交に関わるスタンスについても、以前に連続Tweetしたものをこちらに記録しておきます。

都市外交関連の過去記事はこちらにも

それでは、また明日。

権利侵害申告はこちら

Spotlightのライターなら1記事最大3000円もらえる!日本最大級メディアでライターデビューのチャンス