出典 https://twitter.com

記事提供:Techinsight

お笑いコンビ・メイプル超合金のカズレーザー(31)には、有名玩具メーカーの会社説明会でのエピソードがネット上で噂になっている。このたび本人が、ラジオ番組で「1ミリの脚色も無い事実です」と明るく認めた。

メイプル超合金は、事務所の先輩を引き合いに出し「仕事の入り方が(ブレイクした)当時のダンディ坂野さんと同じになってきた」と本人らも実感するほど目覚ましい活躍を見せている。

特にボケ担当・カズレーザーは金髪と全身真っ赤なファッションで話題だが、漫画『コブラ』ファンの彼は学生時代からこの出で立ちで過ごしてきたのだ。

カズレーザーの知名度が高まってくると、ネット上でよく見かけるようになったのが彼の「バンダイ会社説明会事件」だ。四コマ漫画化までされており、彼を知る人には有名なエピソードである。

4月22日深夜のラジオ番組『三四郎のオールナイトニッポン0(ZERO)』にゲスト出演したカズレーザーによると、同志社大学3年生の時、試験に合格すればバンダイに就職したいと本気で思い会社説明会の資料に目を通したという。

そこには「服装は自由」とあったので、当時は腰まであった金髪と上下真っ赤なファッションのままで説明会に向かったそうだ。

だが、会場に着いたところ「自分は額面通り受け取ったが、そうじゃなかったですね」「みんなスーツとかだった」とカズレーザーは振り返る。

「(会場での)浮き方がハンパなかった」と他人事のように彼が話すと、三四郎の2人は「マジな話なの?」と絶句した。その後、ネットの掲示板で“バンダイの会社説明会に(ガンダムの)シャアがいた”と大騒ぎになったそうだ。

また、畳に以前住んでいた人のシミが残る事故物件の部屋を借りて住んでいると言い、三四郎を震え上がらせたカズレーザー。「駅から徒歩4分ぐらいで、家賃1万7千円なんですよ~」と喜々として話す彼は、やはり只者ではない。

権利侵害申告はこちら

Spotlightのライターなら1記事最大3000円もらえる!日本最大級メディアでライターデビューのチャンス