セロテープと空き缶を利用して“スペアキー”を作る方法や、○○を使って簡単に自転車の鍵を開ける方法など、これまでたくさん『鍵』関連のライフハックを紹介してきましたが…

今回紹介するのは、ガスバーナーを使って南京錠を開錠するという、驚きのライフハックでして、たった3分ほどで…見るも無残、簡単に開いてしまう南京錠の姿。これは…

一見の価値有り!

きっと皆さん!度肝を抜かれる事でしょう。

なお、実際に試してみたいという方は、カセットガスに装着する、家庭用のガスバーナー(トーチ)でも問題はありませんが、最大火炎温度。これが“1000度以上”のモノをお選び下さい。また、南京錠ですが、最もポピュラーな真鍮製であれば、ほとんど開錠する事が出来るそうですよ。

火傷には十分お気を付け下さい!

かなり頑丈そうな南京錠に、バーナーの火を当て実験開始!

すると、表面に少しずつ凹凸が現れ…

グニャグニャになっていく南京錠。

ちなみに、一般的な真鍮の溶解温度(融点)は800℃前後と言われていますので、溶け始めるまでに、少し時間はかかる(1分~1分半)のですが…

溶け始めれば、あっという間に

変形!

これは驚きですよね。

針金を使ったり、スパナを使う方法など、南京錠を開ける方法は数多くありますが

3分ほどの時間はかかるものの、もっとも確実な…この開錠方法。

大事な下部分のパーツも崩れ落ち…

あとはロック部分を熱すれば…

南京錠崩壊!

では、グニャグニャになり朽ち果てる…見るも無残な南京錠の姿。動画にてご覧ください!

出典 YouTube

防犯対策!今一度見直そう!

想像を絶する温度、素手では絶対に持てない“バーナーを使った開錠方法”なだけに、泥棒がこの方法を使用するとは…なかなか思えませんが、こんな方法で開錠する事が出来ると知った今『大きな南京錠だから絶対に安心』と思うのは、かなり危険のような気がしてなりませんね。

なお、ステンレスや鋼鉄、チタン合金製の南京錠であれば、約1500度以上は耐えられるそうなので、大事なモノを真鍮の南京錠で守っている方は、すぐに、他の素材の南京錠に変える事を…オススメ致します。

この記事を書いたユーザー

kota60 このユーザーの他の記事を見る

豚骨ラーメンが超苦手な福岡在住ライター。家族や友人に話したくなる…そんなネタを中心に発信していきます!

なお、記事作成後、即ツイートしますので、誰よりも早く記事を読んでくれる方!ツイッターのフォロー(@thelovedtools)宜しくお願いします。

権利侵害申告はこちら

Spotlightのライターなら1記事最大3000円もらえる!日本最大級メディアでライターデビューのチャンス