【1】あのドラマが、ついに復活

「勇者ヨシヒコ」シリーズをご存知の方は、多いと思います。2011~2012年にかけて、テレビ東京系列で放送された、ちょっと変わったドラマです。

いわゆる「ドラゴンクエスト」「ファイナルファンタジー」みたいな、ロールプレイングゲームの要素が強い作品です。これまで、二つのシリーズが放送されています。

第一シリーズは、「勇者ヨシヒコと魔王の城」という題名で、2011年に放送されました。全12回。

第二シリーズは、「勇者ヨシヒコと悪霊の鍵」という題名で、2012年に放送されました。全11回。正当な続編で、前作から100年後という設定でした。

このドラマの新章が、4年ぶりに制作されるという話が出てきました。
タイトルは勇者ヨシヒコと導かれし七人」とのこと。

【2】独特の世界観

先述した通り、「剣と魔法のファンタジー世界」という要素が強い作品ですが、一風変わった世界観が魅力です。

例えば、「魔法」といえば、ドラゴンを呼び出したり、味方の傷をたちどころに治療したり…などの効果を思い描く事が多いと思います。

しかし、「勇者ヨシヒコ」の世界では、「健康にいい」「地味な嫌がらせになる」「冷めた食べ物を温め直す」等々、戦闘に使えるのか?という微妙なものばかり。

正統派ファンタジーの世界観・お約束を保ちつつ、それらをひっくり返すシュールさが面白いです。

【3】無駄に豪華?な出演者

この作品は、副題に「予算の少ない冒険活劇」と銘打ち、CGなどの特殊効果も少なめで手作り感が満載のドラマです。
しかしその一方で、出演者がかなり豪華です。

先ず、主演が「山田孝之」さんです。「電車男(映画版)」「闇金ウシジマくん」等で主演されています。最近では、映画版「テラフォーマーズ」に出演されています。

準主役陣も、宅麻伸さんを始めとする有名どころがズラリ。ゲスト陣も負けず劣らず豪華な面々です。一部を挙げると…(以下、敬称略)

「きたろう」「渡辺直美」「小池栄子」「沢村一樹」「古田新太」「加藤晴彦」「斉木しげる」「小栗旬」「鈴木福」「ミッツ・マングローブ」「温水洋一」「指原莉乃」「大竹まこと」

上記の他にも、有名な俳優・お笑い芸人・タレントさん達が出演されています。非常に豪華な面々です。

その中でも、強烈な個性を放っていたのは「中尾隆聖(声の出演)」氏でしょう。この方、かなり有名な声優さんです。代表的な役は「ドラゴンボールのフリーザ」「アンパンマンのばいきんまん」です。

【4】協力会社がスゴイ

出演陣も豪華ですが、企画制作に参加している面々も興味深いです。
最も驚いたのは、スクウェア・エニックス」が協力しているという事でしょう。言わずと知れた大手ゲームメーカーです。「ドラゴンクエスト」「ファイナルファンタジー」を始めとするゲームを、多数発売している有名会社です。

その為「ドラゴンクエスト」の敵キャラとして出てくる怪物が、ドラマの中にも出演している…なんて事もあります。ゲームを知っている人には、たまらない演出です。

【5】まとめ

ニュースによると、「2016年内に復活」との事です。SNSでも話題が拡散中。ゲーム好きな方は勿論楽しめるでしょうが、そうでない方も楽しめる要素があります。

誰が、どんな役をやるか?が全く読めません。知っているタレントさんが、どんな意外な役で出てくるのか?、ワクワクしながら見てみませんか?

↓他、オススメ記事↓

この記事を書いたユーザー

マカラン このユーザーの他の記事を見る

関西在住のライター。
時事ネタから都市伝説まで、宇宙ネタから節約術まで、詐欺・ブラック企業ネタから珍言まで…。
幅広い話題を、楽しくお伝えしたいと思います。
(なお、画像は全てイメージです。念の為)

Twitterやってます。フォロー御願いします!
アカウント @d_makaran

アメブロも随時更新中! 見てやって下さい。
他の話題は勿論、記事を読む際の注意事項等もアリ。
http://ameblo.jp/makaran999/

得意ジャンル
  • 話題
  • 社会問題
  • インターネット
  • 暮らし
  • カルチャー
  • エンタメ
  • コラム
  • おもしろ

権利侵害申告はこちら

Spotlightのライターなら1記事最大3000円もらえる!日本最大級メディアでライターデビューのチャンス