4月も終わりに近づき、新年度が始まって早くも1ヶ月が経過しようとしています。大きな期待と少しの不安を胸に新社会人となった新入社員も徐々に社会人としての生活に慣れ始めてきたころだと思います。入社当初はやる気に満ち溢れ、頑張ろうと思っていた方もたくさんいらっしゃったと思います。

不安はあるがやる気もある!

出典 http://www.sharp.co.jp

早々にドロップアウトする人も・・・

しかし、ネットでは入社早々に新入社員が辞めていくというつぶやきが絶えません。1ヶ月持たずにやめてしまう人が相当数いるようです。早い人は入社式当日に辞表を提出したとか・・・。

すぐにやめてしまう新入社員にたいして「打たれ弱い」「根性がない」「こらえ性がない」など厳しい意見が多いですね。仕事が大変で会社に行きたくない働きたくないと思っていても頑張って働いている人たちから見れば当然の反応とも言えます。

そんな中、すぐに辞めてしまう新入社員を例えたつぶやきが話題になっています。

RPGでいうLV1

確かに新入社員は、いわば”社会人LV1”なのです。会社のルールや仕事の仕方、作業効率など何も身についていない状態なのです。そんな状態の中、ときに自分の予期しない叱責などを受けるとHP(叱責に耐えうる精神力)や防御力(叱責に対する免疫力)が低いため、一度に受けるダメージが大きく、瀕死(やめると決断せざるを得ない状態)になるということですね。

先輩や上司がしっかりと指導、教育をして少しずつレベルアップをしていけるようにフォローしていくことは非常に大事なことです。最初のうちは出来なくて当たり前です。そこをどう成長させられるかは先輩たちの腕の見せ所でもあります。

納得、共感する人が多数

新入社員の意識も大事

新入社員も何もわからないからと”指示待ち”にならず、自分から率先して仕事を覚えるという意識、姿勢もレベルアップするためにはとても重要なことです。

一言で新入社員といっても様々なタイプがいます。本当に打たれ弱い人もいれば、社会人になるまでにいろいろな経験をつんで、即戦力として活躍するひとまで、まさに千差万別です。

しかし、どんなにできる新人でも最初から先輩のフォローをまったく受けず、一人で何でもできるという人はほとんどいないと思います。結論としてはマサシロウさんのおっしゃる通り、先輩方のフォローで出来ることを少しずつ増やしてレベルアップさせていけば、早期退職する新入社員が減らせると私も思います。

この記事を書いたユーザー

はなまる このユーザーの他の記事を見る

長野県出身の30代2児の父。ゲーム、アニメ、マンガ、スポーツ、夢の国が好きです。
時事ネタやエンタメ、サブカルからオタクネタまで自分が気になったことを発信していきたいと思います。

権利侵害申告はこちら

Spotlightのライターなら1記事最大3000円もらえる!日本最大級メディアでライターデビューのチャンス