記事提供:Doctors Me

医師が解説する医療・健康サイト「Doctors Me」編集部です。
ピルとは、一般的に経口避妊薬のことをいいます。ピルを内服することで、ほぼ確実に避妊ができます。そのため、望まない妊娠を避けることができ、また、ピルの内服をやめれば、妊娠が可能となります。

また、ピルは、避妊だけが目的ではありません。ピルを内服することで、月経周期が一定になり、生理痛を和らげる効果もあります。ピルは、女性の月経周期に合わせて「21日間内服して7日間内服を休む」といった、28日周期が基本です。

今回は、知っているようで意外と知らないピルの基礎知識と危険性について学んでいきましょう。

ピルの種類とメリット・デメリット!

ピルには以下の2種類があり、それぞれ利点があります。

<一相性ピル>
女性ホルモンである黄体ホルモンと卵胞ホルモンの含まれている含有量が21日間の内服量の割合が一定で変わらないため、飲み間違いをすることがない。

<段階型ピル>
21日間内服する間に段階的に黄体ホルモンと卵胞ホルモンの含有量が異なるため、毎日決められた順番に飲まなければならず、飲み間違いに注意が必要。
その一方で、段階型ピルは、総ホルモン量が少ないために不正性器出血の発現率が少ないといった利点もある。

一相性ピル、段階型ピル、両者ともに内服開始してしばらくの間は、嘔気、全身倦怠感、不正性器出血などが発現することがありますが、2~3周期ピルを内服すると減少していきます。また、両者の避妊効果には影響ありません。

≪気づかないうちに、自分の身体を傷つけていませんか?≫
生理痛がひどい…あなたの生活習慣は大丈夫ですか?【生理痛になりやすい生活習慣】診断

低用量ピルは乳がんリスクが減少する?

現在、「低用量ピル」というものがあります。以前のホルモン量の多いピルの場合、血栓症・心筋梗塞といった重大な副作用を認めていましたが、 低用量ピルは、このような副作用が大幅に減少しました。

また、以前のピルよりも、低用量ピルは乳がんになる危険性も減少する、といわれております。

ピルには、乳がんや血管が詰まる血栓症、心臓の血管が詰まる心筋梗塞、などの副作用が指摘されておりますが、避妊効果以外にも以下のような効果も期待できます。

・月経周期が規則正しくなる
・月経時の出血量が減少する
・月経痛が和らぐ
・にきびや多毛が改善する

いずれにしても、ピルを服用する際は、利点および欠点を理解して使用するようにしましょう。分からない点がありましたら、自己判断するのではなく、医療機関を受診し医師に相談しましょう。

(監修:医師 佐藤 留美)

この記事を書いたユーザー

Doctors Me(ドクターズミー) このユーザーの他の記事を見る

Doctors Me(ドクターズミー)は、医師、薬剤師、歯科医、栄養士、カウンセラー、獣医に相談できる、ヘルスケアQ&Aサービスです。医師をはじめとする専門家が解説する人気コラム、病気・症状の体験談等を配信中!

権利侵害申告はこちら

Spotlightのライターなら1記事最大3000円もらえる!日本最大級メディアでライターデビューのチャンス