記事提供:Doctors Me

医師が解説する医療・健康サイト「Doctors Me」編集部です。
妊娠すると体が疲れやすくなり、腰痛に悩まされるなど、体に何らかの不調が出やすくなるもの。疲れた体を癒して、気持ちもリフレッシュできるお風呂は、1日の楽しみのひとつだという妊婦さんも多いのではないでしょうか。

しかし、間違った入浴方法が思わぬ事態を招く場合もあるのです。では、妊娠中のお風呂ではどんなことに気をつけたらいいのでしょうか。

子宮を温め過ぎる長風呂は危険!?

よく、「妊婦はお腹を温めろ」といわれますが、実は子宮を温めすぎると収縮を促し、流産や早産のリスクが高まるので、特に妊娠初期の長風呂は危険といえます。
以下は、入浴の際に気を付けていただきたい6つのポイントです。

1:長風呂は体に負担がかかるので、お湯に浸かる時間は長くても10分程度にする
2:肩まで浸からず、お腹の辺りまでお湯に浸かる半身浴スタイルにする
3:寒い場合は、肩にお湯をかけたり、温めたタオルをのせたりする
4:お風呂のお湯は37℃位のややぬるま湯にする
5:冬場は、浴室内が冷えすぎないよう暖房やお風呂の湯気で温める
6:夏は暑くてめまいを起こさないよう換気扇をつけて室温を調節する

≪妊娠中、正しい生活を送れていますか?≫
妊娠前よりも気を使う妊娠中の生活【妊娠中の正しい過ごし方】診断

臨月間近の入浴の際は万全の準備を!

妊娠中は貧血気味になりやすいため、入浴中に急に体調が悪くなったり、臨月が近い場合、破水、陣痛が起こる可能性もあります。急な体調の変化に対処できるように、できれば家に他の家族がいる時間帯の入浴が望ましいでしょう。他の家族がいない場合は、脱衣場に携帯電話を用意しておきます。

万が一、入浴中急に立ちくらみがしても、慌てないで座っておさまるのを待ち、お風呂から外に出て、水を飲んだり横になって体を休めたりしましょう。

この記事を書いたユーザー

Doctors Me(ドクターズミー) このユーザーの他の記事を見る

Doctors Me(ドクターズミー)は、医師、薬剤師、歯科医、栄養士、カウンセラー、獣医に相談できる、ヘルスケアQ&Aサービスです。医師をはじめとする専門家が解説する人気コラム、病気・症状の体験談等を配信中!

権利侵害申告はこちら

Spotlightのライターなら1記事最大3000円もらえる!日本最大級メディアでライターデビューのチャンス