記事提供:Entame Plex

4月19日、東京・新宿ステーションスクエアにて歌手のGACKTがスペシャルゲリラライブを開催した。

このイベントは、コーヒーマシン「ネスカフェ ゴールドブレンドバリスタ GACKTモデル」がネスレ通販オンラインショップ限定で発売されることを記念して行われたもので、快晴の空の下、正午よりステージは始まった。

GACKTは、4月27日に発売となる6年ぶりのフルオリジナルアルバム「LAST MOON」のジャケットさながらの姿で登場。

500人ほど集まった観客からひと際大きな歓声が上がった。GACKTは、そのままステージで「LAST MOON」より、「ARROW」ほか1曲を披露した。

1曲目が終了すると、GACKTは今回のコラボである「ゴールドブレンドバリスタ GACKTモデル」の全売上金を、熊本地震の被災地に寄付すると宣言。

さらにGACKTは「みんなそれぞれやれることがある。小さいことでいい。ちょっとずつでもやれることやろうぜ」と観客に呼びかけると、会場からは称賛と拍手が起きた。

ネスカフェの関係者によると、イベント前日にGACKTから「何かやれることはないか?」と、この提案の申し入れがあったという。すると、ネスカフェ側もブランドチームやマネジメントを含め、迅速な話し合いのもと、快諾したという。

GACKTは、これまでにも自身のTwitter上で、最初の大きな揺れが起きた14日、「九州のみんな大丈夫か?怪我してないか?二次災害に巻き込まれないように、冷静に行動してくれよ」と呼びかけたり、

「とにかくみんなの無事を祈るよ。焦らないことだぞ」などと、今回の震災に対してコメントを寄せていた。

権利侵害申告はこちら

Spotlightのライターなら1記事最大3000円もらえる!日本最大級メディアでライターデビューのチャンス