盲目のコーリー君の、第2の人生

アメリカに住む、一匹のダックスフンド。彼の名前はコーリー君。

彼の人生は、とても悲惨な状態からスタートしました。

彼はパピーミル(悪徳ブリーダーによる繁殖場)で生まれました。

彼の他にもダックスフンドだけで100匹。たくさんのワンちゃん達が不衛生な環境に押し込められていました。

そんな中で生まれ、6カ月を過ごしたコーリー君は、重度の目の感染症に罹ってしまいました。

その上、無理な繁殖の影響で、足も3本しかありませんでした。

そんな中、米国動物愛護団体(HSUS)がパピーミルの子犬達を救出しにやってきました。

たくさんの子犬達といっしょに、コーリー君は第2の人生を歩むこととなったのです。

保護されたコーリー君の里親として名乗り出たのは、ドリという女性でした。

コーリー君が悲惨な人生を歩んできた事を知ったドリさん。

「 彼が今まで味わってきた恐怖は想像を絶するものでしょう。でも、今度からは彼の人生をとても豊かなものに、そして彼がやりたいと思った事をたくさんやらせてあげたい 」と語ります。

コーリー君の目の病気は進行が進んでいて、目を完全に除去しなくてはなりませんでした。
でも、コーリー君は目が見えなくっても、他のワンちゃんと同じくらいアクティブだとドリさんは言います。

お散歩にお出かけし、他のワンちゃんと遊んだり。
好奇心旺盛で、時に大胆不敵。とっても明るい性格なんです。

また、彼を思いっきり可愛がっているのはドリさんだけではありません。

ドリさんのお友達も、コーリー君の事が大好き!!

そう、コーリー君はご近所さんのアイドル犬なんです!!

特にコーリー君に会うのを楽しみにしているのが、ドリさんのお友達の息子さん、コーラム君。

コーラム君は、脊髄性筋萎縮症に苦しんでいました。
彼は可愛くて明るいコーリー君に、とても元気づけられています。

コーラム君は、インタビューの際にこんな事を語ってくれました。

「もしあなたが、酷い場所に暮らすワンちゃんを救出してくれたら、きっとワンちゃんにとっては最高の人生になるでしょう。」

「そしてそのワンちゃんは、周りの人たちの人生を変える事が出来ます。」

私達の人生を大きく変えてくれる、大きな力。

コーラム君の言う通り、コーリー君はたくさんの人々に幸せを振りまいてくれています。

出典 YouTube

嬉しそうな表情をしているのが、口元だけでとても伝わってきますね。

昔のコーリー君のように、悲惨な生活を送っている動物は今もたくさんいます。
一匹でも多くの動物が、コーリー君のように「第2の人生」を歩みだせるよう、願います。

この記事を書いたユーザー

PECO このユーザーの他の記事を見る

ペットとの毎日がもっと楽しくなる|PECO [ペコ]

権利侵害申告はこちら

Spotlightのライターなら1記事最大3000円もらえる!日本最大級メディアでライターデビューのチャンス