記事提供:mamaPRESS

日本では、母乳の代わりに赤ちゃんに与えるものといえば“粉ミルク”が一般的ですよね。ところが海外では“液体ミルク”が人気を集めていて、スーパーなどで手軽に買えるくらい普及しています。

とっても便利な液体ミルクですが、日本ではなぜか販売されていません。現在、「日本でも液体ミルクが手に入るようにしてほしい!」と願うママたちが、ネットを通して署名活動を行っています。

災害時に便利な“液体ミルク”とは?

海外で人気の赤ちゃん用液体ミルクは、粉ミルクと比べて準備がとても簡単。常温保存ができる密閉容器に入っているので、開封してそのまま赤ちゃんに飲ませてあげることができます。

粉ミルクの場合は、哺乳瓶を消毒して、お湯を沸かして、ミルクを溶かして、飲みやすい温度まで冷まして…と、準備に手間がかかりますよね。

今回の熊本地震のような災害が起こったときは、清潔な水も手に入れにくく、粉ミルクを準備してあげるのが非常に難しくなります。

災害などの非常時に、簡単に赤ちゃんに与えることができる液体ミルクがあったら、ママたちはすごく助かりますよね。しかし残念ながら、現在日本では液体ミルクの販売が認められていないんです。

なぜ日本では販売されないの?

日本で液体ミルクが販売されない大きな理由の1つに、厚生労働省が定める乳幼児用の食品が“粉乳”に限定されていることが挙げられます。

この決まりが制定されたのは1951年のことなので、当時保存の効くミルクといえば粉ミルク以外に選択肢がなかったのでしょう。

しかしその後、保存技術が向上し、海外で液体ミルクが作られるようになりました。

それを受けて、日本でも液体ミルクを作ろうとする動きがありましたが、「衛生面の安全性を示すデータが不足している」ということで中断され、今に至るまで進展がないままです。

その他にも、粉ミルクの利益率が高いため、メーカーが液体ミルクの開発に積極的でないなどの理由があるようです。詳しくは、こちらの記事も読んでみてくださいね。

「あったら使いたい!海外では一般的なのに日本では売られない『乳児用液体ミルク』って知ってる?」

ママたちが立ち上がって署名活動

現在日本のママたちが液体ミルクを入手するには、海外の通販サイトから購入するなど、個人輸入をするしかありません。

でも、日本でもスーパーやドラッグストアで手軽に買えるようになれば、普段からの育児がラクになるのはもちろん、災害にも備えられますよね。

そこで「日本でも液体ミルクの販売を!」と、日本のママたちも立ち上がりました。2014年の11月、液体ミルクの日本での流通を求める署名活動が、インターネット上で始められたのです。

署名活動開始からすぐになんと1万人もの賛同が集まり、今も賛成の声は増え続けています。署名活動を続けながら、署名や賛同コメントなどを企業に提出するなど、流通を求めるアピールも積極的に行っているそうです。

さらに、内閣府の規制改定会議に議題として提出も行われました。これらの活動が実を結び、日本でも液体ミルクが買えるようになる日は、そう遠くないのかもしれませんね。

署名活動に興味のある方、賛同したい方は、下記URLから署名活動のページをのぞいてみてくださいね!

署名活動サイトChange.org
Facebookからの署名はこちら

活発になるママたちの署名運動が実をむすび液体ミルクが買えるようになれば、災害などの非常時はもちろん、お出かけするときや、パパにミルクをあげてもらうときなどにも役立ちそうですね。

権利侵害申告はこちら

Spotlightのライターなら1記事最大3000円もらえる!日本最大級メディアでライターデビューのチャンス