記事提供:カラパイア

昨年、ロシアの大富豪ユーリ・ミルナー氏が、およそ100億円規模となる宇宙の電波/光信号の調査プロジェクトを発表し、地球外生命体の探索は大きな進展を迎えることになった。

そして今回ミルナー氏が発表したのは、地球でじっとしながら異星人の到来を待つのではなく、星間移動が可能な宇宙船を開発することだ。

ニューヨーク市にあるワンワールド展望台で開かれた共同会見で、ミルナー氏とスティーブン・ホーキング博士は、予算約100億円を投じて将来的な星間旅行の基礎確立を目指すプロジェクト、“ブレークスルー・スターショット”を発表した。

その第一歩は、光を推進力に光速の20%という相対速度で移動する超小型宇宙船の開発である。この驚異的な速度が実現すれば、冥王星まで3日、最も近い恒星系ケンタウルス座アルファ星まで20年で到達することができる。

「人類の歴史が始まって以来初めて、私たちはただ星々を眺める以上のことが可能になります」とミルナー氏。

この野心的なプロジェクトを支える科学技術の中核となるのが、重量わずか数グラムの中に、カメラ、光子スラスター、電力供給、ナビゲーションシステム、通信機器を内蔵する超小型宇宙船“スターチップ(StarChip)”だ。

スターチップのプロトタイプ

これは“ライトセイル(Lightsail)”というわずか原子数百個分の厚みしかない数メートルの幌を張り、100gWを超えるフェーズドアレイ方式レーザーを受けることで地球から発進する。

ライトセルのイメージ

数グラムの船体にこれほど強力なエネルギーを加えれば、理論上は時速1億6,000kmの速度まで加速させることができる。これは今日存在する最速の宇宙船の数千倍の速さである。

あとはNASAの無人探査機ニュー・ホライズンズのようなフライバイを繰り返し、地球から最も近い恒星系ケンタウルス座アルファ星を目指すだけだ。

まるで宇宙のように壮大すぎる話で、お金持ちの誇大妄想に思うかもしれない。しかしミルナー氏によれば、その実現は決して遠い未来のものではなく、1世代のうちに最初の超小型宇宙船が完成するはずだという。

「ブレークスルー・イニチアチブは既存の、あるいは近い将来実現するであろう技術に基づいています。もちろん月面探査ロケットの打ち上げと同様に、解決しなければならない難問はありますけどね」とミルナー氏は語る。

実際、船体を加速させるレーザーアレイから恒星間の距離をつなぐデータ送信方法まで、難問が山積みだ。

ゆえに科学や工学の幅広い分野においていくつものブレークスルーが必要になるだろう。ミルナー氏が国際コミュニティーに協力を呼びかけているのはそのためだ。ブレークスルー・スターショットは公有のものとして実施されるそうだ。

本プロジェクトの共同スポンサーであるハーバード・スミソニアン天体物理学センターのアヴィ・ローブ氏は、その基本となる原理には特に目新しいものはないと説明する。

またスターチップがケンタウルス座アルファ星に到達する前に、太陽系についても膨大なデータを集めてくれるだろうという。

例えば、土星の衛星エンケラドスの南極にある間欠泉は、生命の存在が期待されており、長年専門家が調査したくてウズウズしている場所だ。

ミルナー氏は語る。

「先人たちと同様、挑戦することでしか自らを証明できないのだ」と。

出典:latimes
出典:techtimes

権利侵害申告はこちら

Spotlightのライターなら1記事最大3000円もらえる!日本最大級メディアでライターデビューのチャンス