記事提供:Doctors Me

医師が解説する医療・健康サイト「Doctors Me」編集部です。
健康診断の直前は食事をとらないようにと注意されることがありますが、それはなぜなのでしょう?また、前夜の飲酒などは影響ないのでしょうか?

今回は、健康診断の当日や前日に、どんなことに気をつければいいのか、医師に詳しい話を聞いてきました!

朝食を抜くのはなぜ?

健康診断を受ける場合「必ず朝食を食べてはいけない」というわけではありません。健診医療機関や会社の担当者に、朝食を食べていいかどうかを事前に確認するとよいでしょう。

【直前の食事が影響する検査】
1. 血液検査
採血項目の中に食事によって影響を受けやすい項目があります。その代表的なものに血糖値と、中性脂肪の値があります。特に血糖値は空腹時と食後では基準値が異なりますので、もし通常の数値から外れた場合「何時間前に食事や砂糖などカロリーの入った飲み物を摂取したか」などを検査員に問われるでしょう。

2. 胃のバリウム検査
そのほか影響のあるものとして胃のバリウム検査があります。胃カメラのほうが有用性は高いのですが、まだ胃がんや胃潰瘍の検査としてバリウム検査を用いるところが多いです。バリウム検査は、X線を通さないバリウムを飲んでからレントゲン撮影をし、胃の壁の凹凸をみる検査です。ですから、胃に食べ物が入っていると凹凸が的確に見られなくなってしまうのです。

薬に関して、てんかんや高血圧、糖尿病、抗凝固薬の薬は内服可能とされていることが多いので、事前に内服可能かを確認しておきましょう。健康診断だからと、必要な薬を急に中断し、脳卒中など発作や起こしてしまっては、本末転倒です。

そのほか、健康診断前に気をつけることは?

1. 飲酒・喫煙の影響について
前夜の飲酒は、少量であれば大きな影響はないでしょう。多量に飲んでいると、中性脂肪値や肝機能、γGTPなどに影響を与えるかもしれません。

2. 前日の過度な運動について
過度な運動も血液検査値に影響を与える可能性があります。過度な運動は筋細胞などにダメージを起こし、壊れた細胞内の成分が血中に漏れ出て、血液検査で高値の結果を検出される可能性があります。そのため、前日の過度な運動は避けたほうがよいでしょう。

3. カフェインの摂取について
カフェインは、だいたい摂取して3~7時間くらいで影響がなくなると考えられています。前日にとる分には大丈夫でしょう。カフェインは血圧を高くしたり脈を速めたりするので、朝、ブラックで飲んでしまうと血圧に少し影響があるかもしれません。

4. 当日にすべきこと
水分をとってよい検査であれば、水分をとっておきましょう。特に夏場、朝から飲まず食わずの状態で採血したとたん気分が悪くなり、うずくまってしまう人がいます。血管迷走神経反射という反応のため、血圧が一時的に下がって意識障害や脱力などを起こしてしまうのです。しっかり水分をとっておくことで予防できます。

≪最近ぐっすり眠れていますか?≫
健康診断前は良質な睡眠も欠かせません【睡眠の質】診断

医師からのアドバイス

冬場はしっかり厚着をしていきましょう。体が冷えていると血圧がどうしても高く出てしまいます。ただし着脱しやすい衣類のほうが便利でしょう。あとは緊張せず、普段の自分の摂生のレベルを確かめたり、病気の早期発見をするためと思って、あまり緊張せず受けてください。

(監修:Doctors Me 医師)

この記事を書いたユーザー

Doctors Me(ドクターズミー) このユーザーの他の記事を見る

Doctors Me(ドクターズミー)は、医師、薬剤師、歯科医、栄養士、カウンセラー、獣医に相談できる、ヘルスケアQ&Aサービスです。医師をはじめとする専門家が解説する人気コラム、病気・症状の体験談等を配信中!

権利侵害申告はこちら

Spotlightのライターなら1記事最大3000円もらえる!日本最大級メディアでライターデビューのチャンス