ソーシャルジャスティスウォリアー=SJW

最近某アパレルの広告に関しての話題でこの言葉を耳にする機会を得ました。その矢先に熊本の現況に対して、タレントが笑顔写真をInstagramに載せるのは不謹慎だという「不謹慎狩り」なる現象が起こったことで、一般的に広まり始めたのが「ソーシャルジャスティスウォリアー」という言葉です。

略称「SJW」。日本語で表現すると「ネットの世界で社会正義の為に戦う人」ということになります。これだけ聞くとなかなか素晴らしい存在にも映るのですが、その実態は全く異なるもののようです。

日夜差別と戦う人々?

例えばですが、このような白人と黒人が一緒に映った写真を何かしらの媒体に用いた場合、その使用方法によっては「SJW」が騒ぎかねません。その理由は下記の説明文を読んでいただくと理解できるかと思います。

【SJW】
「社会正義のために戦う人」「正義の味方」などの意味であり、ネット上で人種差別や性差別や階級差別や障害者差別などの差別と戦う人を指すスラングである。

出典 http://eigo-net-slang-jiten.blogspot.jp

この説明文の中に「スラング」と書かれていることがポイントです。差別と戦う人が差別されているというなんとも皮肉なが現象としか言えません。

ネーミングがカッコよすぎる?

何も意味を知らずに聞いたら「ソーシャルジャスティスウォリアー」という響きはなんともカッコよいものです。ですので、「ソーシャルジャスティスウォリアー」の意味をご存知の方からはこんな反応が出ています。

向こう側の世界

海外起こる戦争のニュースをテレビやネットで見ていても、あれは「テレビやネットの向こう側」で起きている事としか捉えられない、なかなか実感が沸きにくい「現実」というのを経験されたことはないでしょうか?

SNSはいつどこでも見ることができます。そして発信できます。つまりSNSを通じて「現実」に浸ったような感覚に陥る危険性があるのです。しかし、本当にその現実には直面していない、所詮はSNSの向こう側で起きていることでしかないのです。

ソーシャルジャスティスウォリアーの特徴って?

SJW とラベリングされる人の特徴として、やたらと攻撃的だったり、考えが薄っぺらかったり、独善的で独り善がりだったり、しつこいことがあげられる。他にも、すぐに「差別主義者」と相手を罵る、議論が短絡的で扇情的、ところかまわず議論を始める、自分の正義感に酔っていてすぐに相手を断罪する、など基本的に暑苦しくて鬱陶しい人が SJW と呼ばれる傾向にある。

出典 http://eigo-net-slang-jiten.blogspot.jp

この解釈がすべてその通りとまでは言えないのでしょうが、かなりツボにハマった内容だと思います。現実の世界でもこういうタイプの人はいますが、ネットの匿名性がよりこの傾向を増加させていることは間違いないでしょう。

裏を返せば「かまってちゃん」

現実の世界で同じようなことをする人は、自己顕示欲が強いと言われています。「オレ&アタシ凄いでしょ!」というアピールです。ネットの世界でも同じでしょう。大勢が同調する、いいね!をする中で、真っ向から反発すればそれだけで目立てます。相手にしてくれる人も出てきます。これってある種の「かまってちゃん」なのではないかと。

かまって欲しくて迷惑なことを起こす人のこと。常に誰かに相手にしてもらうためにさまざまな奇行を起こす人のこと。一人ぼっちを通常の人より遥かに嫌がる人などを意味する言葉である。

出典 http://dic.nicovideo.jp

似通っていますよね。ネットの中でひとりぼっちでいたくない。そんな衝動から「SJW」に走る人も数多くいることでしょう。

人の振り見て我が振り直せ

ここで「SJW」という存在の可否については言及することはできません。なぜならここで結論付けることそのものが「SJW」になりかねないからです。客観的にその存在や特徴を理解することは必要ですが、叩いたところで何も生み出しません。

もし言えることがあるとするならば、

「ひょっとして自分がソーシャルジャスティスウォリアーになっていないか?」
「人の振り見て我が振り直せ」


自身の発言を他人の目になったつもりで見つめ直していくしかないのだろうと考えております。勢いで書き込みを完了する前に、冷静になって一度読み返してみる。そんな作業を取り入れてみるのもよいかもしれませんね。

【あわせて読みたい?】

この記事を書いたユーザー

らいなぁ このユーザーの他の記事を見る

【facebook】https://www.facebook.com/LINER0905
【twitter】@LINER_ippuku
引きこもりの気分屋専業主夫時々物書き屋。ベイスターズ、プロレス、相撲、アニメ、水曜どうでしょう好き。

得意ジャンル
  • スポーツ
  • 暮らし
  • テレビ

権利侵害申告はこちら

Spotlightのライターなら1記事最大3000円もらえる!日本最大級メディアでライターデビューのチャンス