記事提供:長谷川豊 公式ブログ

昨日の「バラいろダンディ」でも取り上げたのですが…熊本の地震を「利用」して、憂さ晴らししているバカが大量増殖し始めています。これは雰囲気を悪くするだけではなく、被災されている方々にも多くの傷を与える結果となります。

個人的には、もはや何らかの罰を与えるべきところまで来ている気さえするのです。

熊本の自宅が全壊する被害に遭った井上晴美は地震直後から現場リポートを続けてきたが、心ないネット民から「愚痴りたいのはお前だけではない」と中傷され、意気消沈。

「これで発信やめます これ以上の辛さは今はごめんなさい 必死です」と更新をストップした。(東スポWEBより)

自宅が全壊した井上晴美さんが、どれだけ苦しんでいるのか分からないのでしょうか。誹謗中傷が相次ぎ、かなり心を痛められたそうです。井上さんに、多くの励ましが届くことを祈らざるを得ません。さらに…、

藤原紀香さん⇒応援のコメントを書き込んだところ「自分に酔ってる」「地震は天罰と言いたいのか」と反発を招き、問題箇所を削除。

長澤まさみさん⇒笑顔の写真をインスタグラムにアップしただけで「不謹慎だ」の大合唱。

矢口真里さん⇒募金活動についてつづっただけで「出しゃばるな」

西内まりやさん⇒軽いノリのツイートが炎上。「不快な気持ちにさせてしまっている方々ごめんなさい」と謝罪。

そして、今回の記事になっているタレントの紗栄子さん

今回の地震の被災者のために500万円を寄付。その報告をしたところ「いちいち見せなくていい」「好感度を上げるために利用している」と異論が噴出。

なかには「(前夫の)ダルビッシュ有からむしり取った月500万の養育費の一部だろ」との罵詈雑言が浴びせられているそうです。

もう、無茶苦茶です。記事ではITジャーナリストの井上トシユキさんが下記コメントをされていました。

「“不謹慎狩り”ですね。東日本大震災の時にもありましたが、有名人の不謹慎発言を狙って攻撃する人がいるんです。だから反応が早い。

書き込んでいる人は意外と普通で、出勤途中や休憩中にネットをチェックしては『いい格好しやがって!』と、ウサ晴らしに書き込んでいることが多いんです」

「不謹慎狩りはヘイトスピーチと同じで、放置すればつけ上がる。ひどい書き込みには運営側に情報開示請求を行い、書き込んだ人物を特定し、法的措置を講じるなど何らかのアクションを起こすことが有効かもしれません」

『不謹慎狩り』。

まさに、私の今晩の公式チャンネルで話をするために準備を進めていた「ノイジーマイノリティ」にも通じる話です。もうね、本当に逮捕してやりたいレベル。

井上さんのおっしゃる通りで、要はただの「憂さ晴らし」なのです。昔は汚い公衆便所にしか落書きできないレベルの、普段は誰からも相手にされていなかっただけの連中が、ネットを使って、まるで「正常な人間の意見」かのように装うので質が悪い。

この連中は自分たちを懸命に多く見せようとするので、ますます面倒くさいのです。例えばの話ですが、47都道府県に、10人ずつしかいなかったとしても、500人くらいの規模になっちゃいます。

日本人全体からするとあまりにも少数な人間なのですが、リアルの世界ではだれからも相手にされていないくせに、ネット上でアピールしまくるので、雰囲気が悪くなるんですよね。

こういう連中って、普段はまだ我慢できるんですが、こういう非常時と言うか、震災が起きて、みんなで協力して声援を送ろうって時くらい、全員のIPアドレス晒して、叩きのめしてやった方がいいんじゃなかろうか。

「あれは不謹慎だ」

「あいつは不謹慎だろう」

「こんなこと言うなんて不謹慎だ!」

「だって地震で熊本の人たちは苦しんでいるのにぃぃぃぃぃぃぃ」

こんな連中の、いったい誰が紗栄子さんと同じ額の寄付を行えるのか?現在、被災地を救うのは大量に届けられた物資ではなく、キレイごとではなく「お金」であることは常識中の常識。叩く暇があったら10円でいいから寄付しろと言いたい。

井上さんの言葉を借りれば、東日本大震災でも湧いて出てきたようですね。このバカたちは。私、こういう連中、キライです。

さて、今晩はいつも通り、木曜日なので23時からは公式チャンネル「本気論・本音論TV」です。お時間のある方はぜひ!

権利侵害申告はこちら

Spotlightのライターなら1記事最大3000円もらえる!日本最大級メディアでライターデビューのチャンス