出典 http://www.sankei.com

地震が起きた熊本では、避難所に入れず屋外で避難生活を送る方、車中泊を余儀なくされている方が大勢いらっしゃいます。(避難所が足りていないことも理由の一つですが、小さなお子さん連れのご家庭、揺れが続いていて怖くて建物に入れない方もいらっしゃることを念のため加筆しておきます)

中でも、犬や猫などのペットと一緒に避難している方は、避難所へ入るのを断られたケースも多いのです。

皆さんご存知かと思いますが、東日本大震災ではペットと一緒に避難することを推奨していなかったがために、迷子になってしまう生き物たちがたくさん出てしまう、立ち入り禁止区域においては見るも無残な状態でした…。

この経験から、「災害時におけるペットの救護対策ガイドライン」というものが制定されています。

環境省によるガイドラインには…

Licensed by gettyimages ®

災害が起こった時に飼い主はペットと同行避難することが基本であるため、平常時からそれに備えるべき対策についての意識をもち、ペットの安全と健康を守るとともに、他の避難者への迷惑にならないように努めなければならない。

出典 https://www.env.go.jp

「ペットとの同行避難が基本」と明記されているのです。

しかし、このガイドラインは各自治体に徹底周知されているわけではなく、東日本大震災以降に起きた土砂災害や大雨による浸水でも、経験が生かされずにペット連れのご家庭が大変苦労しました…。

今回熊本で起きた地震では、幾分ペット連れでも避難できる場所が増えたものの、まだまだマイノリティと言わざるを得ません。

実際に避難されている方の声もご覧下さい。

“家族”がいるから避難所に行けない、入れない…

ペットと車で避難している方は、とても多いです。

小さなお子さん連れの場合、夜泣きなどのことを考えて車で避難という選択をしている方もいらっしゃいます。

エコノミー症候群が心配ですよね。

避難所に入るなと言われ、避難所にいなければ物資の配給を受けられない…これではあんまりです。

一方で、動物アレルギーを持った方との住み分け、衛生面での問題という課題もあります。しかし、人情としては犬も猫も大切な命…ペット連れの方専用の避難所やスペースの確保をして欲しいですよね。

さて、ペットと車で避難している方の中には、ペットを車に置いて人間は避難所に行っていることもあるのではないでしょうか?

この行為、実はとても危険な行為なのです。こちらの投稿をご覧下さい。

熱中症で命を落とした子がいます…

出典 https://www.facebook.com

災害時のペット同伴は当たり前という認識がまだまだないんだなぁ
どうしてペットを置いて避難できるんだろう?と思うけど避難所に
ペットが入れないのが当たり前だからなんだ‥

それでも一緒に同行すると避難所の駐車場で車中で過ごすことになる
そして悲劇が‥ 昼から8頭の熱中症が来院しうち1頭が亡くなりました

熱中症は42℃の体温を早急に下げなきゃいけないため「冷水浴」をする
ところが昼から熊本市中央区は断水になってね(´Д`) 最悪な事態に
かき集めた水を小さいバケツに、氷を入れてなんとか対応しましたよ

災害動物の扱いは、飼主の気持ちにダイレクトに反映するんだよ
飼主もペットも両方助けないと、両方ダメになるんです!

出典 https://www.facebook.com

この投稿は、現在ペット連れの被災者の方のために動物病院を避難所として開放している、竜之介動物病院院長の徳田竜之介さんによるものです。

車中で避難しているために、熱中症になってしまったペット達のうち1頭が亡くなってしまったことを明かしています。

もし、避難所の一室でも開放してもらえたら、こうした事態は防げたのではないでしょうか?

またペットに限らず、人間も車中に長時間いれば熱中症になる可能性は高くなります。事実、20日の熊本の最高気温は25度でした。これから避難生活が長期化すれば、益々気温は上がっていきます。

このようなニュースを見ると、本当に胸が痛むばかりです。

Twitterを見ていると、ペット同伴での避難については賛否が分かれているのですが、中には「避難所にペットがいることで元気になれた」という方もいらっしゃいました。

撫でてあげると大抵の犬は喜んでくれます。ただし、頭の上を撫でようとすると「叩かれる」と誤解されることもあるので、顎を撫でてあげてください。

辛い避難生活の支えになってくれていました。

ビーグルさん、筆者も好きです。

マナーを守っていれば、共生は可能だと思うのです…。

癒しですね。

現在、ペットとの避難が可能な場所は次の通りです。

※状況が刻々と変わりますので、空きがあるという確約は筆者も致しかねますが、少しでもお役に立てたら幸いです。

この記事を書いたユーザー

週休二日制 このユーザーの他の記事を見る

動物が大好き。会社員であり、流浪のライターとしても活動。
興味を持ったことを色々書いてみます。

権利侵害申告はこちら

Spotlightのライターなら1記事最大3000円もらえる!日本最大級メディアでライターデビューのチャンス