記事提供:Doctors Me

医師が解説する医療・健康サイト「Doctors Me」編集部です。
少し専門的な病名の「うっ血性心不全」。
「心不全」は聞いたことがあっても、この病名は知らない方が多いのではないでしょうか。今回は、この意外と知られていない「うっ血性心不全」について医師に伺いました。

■ うっ血性心不全のメカニズム&原因

<メカニズム>
心臓は、全身の隅々まで血液を送るポンプのような役割をしています。このポンプとしての役割がうまく果たせず、必要な血液量を全身に送り出せず血液がうっ滞してしまうものを「うっ血性心不全」と呼んでいます。

<原因>
心筋梗塞などのいわゆる虚血性の心疾患に伴うものが多いのですが、心臓に余分な負荷のかかってしまう高血圧や、不整脈、心臓弁膜症や心筋症、先天性の心臓の病気などさまざまなものが挙げられます。

■ 気になる症状とは……

症状としては、体循環(全身に血液を送り出す血液循環への血液供給を担当する左心系に問題が生じるか、肺循環(肺においてガス交換を行う経路)への血液の供給を行う右心系に問題が生じるかで異なります。

<左心系の障害>
全身の臓器の血流が少なくなり、肺にうっ血が生じて胸水が溜まったり、動いた時に呼吸が苦しくなったり、咳が出たりすることがあります。

<右心系の障害>
下腿にむくみがでたり、肝臓が腫れたり、静脈が怒張したりすることも。ただ、多くは体循環の障害か、両方の経路に問題が生じているといわれています。

■ 慢性か急性によっても症状が異なる

また、発症が急速であるか、緩徐であるかによって慢性心不全と急性心不全とに分けられます。

<慢性心不全>
動いた時に呼吸が苦しい、食欲がない、動悸や易疲労感、あるいはむくみによる体重の急激な増加や寝ている時の呼吸困難などが起こる可能性もあります。

<急性心不全>
慢性心不全と同様の症状が一気に起こり、気を失ったり呼吸困難のために会話ができなくなることもあります。

≪狭心症、心筋梗塞、不整脈、心不全...なりやすい人の特徴は?≫
心臓に関する病名は聞いたことがあるかもしれません、気になる方は【心臓病リスク】

■ 心不全になってしまったら……

多くの場合一生この病気と付き合っていくことになり、生活では弱っている心臓に負担をかけないために、次のことを注意して生活そのものを改善しなくてはなりません。

・減塩
・禁煙
・節酒
・体重管理(病状に応じて医師の指導の下行う)
・心臓の状態に合わせた適切な運動
・過剰なストレスを避ける

≪あと一杯…ついつい飲み過ぎていませんか?≫
お酒がなかなかやめられない、そんなあなた【アルコール依存度】チェック

■ 医師からのアドバイス

これらの心がけは、心不全をお持ちでない方も心臓を労わるために大切なことですから、若いうちから気をつけていきましょうね。

この記事を書いたユーザー

Doctors Me(ドクターズミー) このユーザーの他の記事を見る

Doctors Me(ドクターズミー)は、医師、薬剤師、歯科医、栄養士、カウンセラー、獣医に相談できる、ヘルスケアQ&Aサービスです。医師をはじめとする専門家が解説する人気コラム、病気・症状の体験談等を配信中!

権利侵害申告はこちら

Spotlightのライターなら1記事最大3000円もらえる!日本最大級メディアでライターデビューのチャンス