松本です。
これからの季節、年を重ねる度にどうしても紫外線が気になりませんか?
若い頃はそうでもなかったのに…

まだ春先ですが、初夏のように紫外線が降り注ぐ日は特に肌ダメージが心配です。 

そこで、紫外線対策について20日に放送された、フジテレビ「バイキング(月曜~金曜昼11時55分~)」で紫外線対策の特集がされていました。実はこの紫外線、5月が一番キケンなんだとか。ご紹介させていただきます。

1 紫外線を浴びると皮膚ガンになる?

番組では、年間3000人以上の肌の悩みを解決されてきた「オラクル美容皮膚科」、東京新宿院、院長の高橋栄里先生と、東京警察病院の形成外科医、澤田彰史先生をお迎えして詳しく解説していきます。

坂上忍さんからの紫外線による質問。「男は紫外線とかそんなに気にしないじゃないですか。でも、皮膚ガンになるって言われたら、ちょっと話、別だよね…」

澤田先生の答えはYES。「紫外線による皮膚ガンの可能性は非常に高いと思います。皮膚ガンというのは紫外線を浴び続けることによって、皮膚の細胞の遺伝子に傷がついて突然変異した結果なんですね」

★気をつけなければならないシミとホクロ
①形がいびつである(ホクロやシミはほとんどが円形)
②成長が早い(月単位で大きさが違ってくる)

皮膚ガンのホクロ、怖いメラノーマ

Licensed by gettyimages ®

確かに形が凄くいびつです。
自分でもチェックできそうですよね。

内臓にもシミができるって本当?

答えはNO
「それは逆です」と高橋先生。
内臓が弱っているとシミができやすくなります。

これには納得しました。私は体を日焼けしたことがないのですが、最近、体にぽつりとシミが出てきたんですね。「なんでできるんだろ…」と、少し悩んでいたのですが、元々胃が弱かったので、なるほど!と。ようやく謎が解決できました。

2 曇りのほうが紫外線は強い?

答えはNOです。
澤田先生「快晴が100%とすると、曇りの日は60%、雨の日は30%の紫外線があります
ただし、雲の形によっては紫外線が快晴のときよりも強くなる場合があります

紫外線が快晴よりも強くなる雲の形

筋雲

Licensed by gettyimages ®

こんな雲、よく見かけますよね?
晴れのときよりも紫外線が強かったなんてビックリ。

綿雲

Licensed by gettyimages ®

筋雲、綿雲、二つの雲の形は直接、太陽から注ぐ紫外線+プラス雲の中で乱反射した紫外線が同時に合わさることトータルで、直射日光が増えてしまうそうです。

ただ、澤田先生は「雲の形を見て歩かないこと!」と注意をされていました。

確かに…
雲を見て歩いていたら、紫外線を顔全体に浴びてしまいますもんね。
これはほんとに注意です。

3 色白のほうが紫外線に弱い肌?

答えはYES
高橋先生によると、「体質の問題なので、変わるということはないです。元々、色黒の方のほうが紫外線に対する力が強い」とか。

●日焼けで黒くなりやすい人、ならない人、体にいいのはどっち?

黒くなりやすい人のほうが、皮膚ガンになる可能性が低く、一方で黒くならない人というのは、肌を守ることができずに肌ダメージが3~5倍もシミや皮膚ガンになりやすいといわれています。

日本人よりも色白のアメリカ人のほうが、皮膚ガンになるリスクが増えるデータがあるそうです。確かに白人の方のほうが、色白の日本人よりシミやそばかすが多いような気がしますね。

紫外線がピークになる時間帯

午前10時~午後2時の4時間が最も紫外線が強いです。一日のうちに降り注ぐ紫外線の50%以上を占めます。

●紫外線対策をしていない場合
この時期でも、一日6分以上で肌にダメージが蓄積
(真夏は3分以上)

ピークの4時間はとても注意しないといけないですね…
また、春でも6分以上で肌ダメージがあるなら、日焼け止めクリームは必ず塗ったほうがいいです。

4 去年の日焼け止めクリームは使わないほうがよい?

答えはYES
高橋先生は、「使ってはいけません」とキッパリ。
開封後 → 半年で使い切る
未開封 → 3年

開封後は、どうしても劣化している場合があるので使わないでください。

そもそも大半の人が塗り方を間違っている…

●正しい日焼け止めクリームの塗り方
①正しい規定量を守る
「ほとんどの人が使う量が少な過ぎて、紫外線防止効果が発揮できていない」と高橋先生は語ります。顔に塗る場合の目安量は、500玉一枚分くらい。

※白くなるタイプは、金属が多めに入っていて散乱させて紫外線から守るタイプです。高橋先生は、「スプレータイプも塗らないよりはいいですが、塗り残しと規定量が分かりにくいのでクリームのほうが良いかと思います」とアドバイスされました。

②2~3時間おきに塗り直す
女性の場合、化粧をしている方が多いので、ファンデーションでお化粧直しをするだけでも紫外線対策になるのだとか。

今はファンデーションにもUVカット機能があるので、紫外線対策になりそうです◎

5 コーヒーで紫外線による肌ダメージが回復される?

答えはYES
澤田先生によると、「紫外線を浴びることによって、皮膚の中に活性酸素ができます。その活性酸素がシミとかたるみ、シワの原因になるんです。活性酸素を、やっつけてくれるのが抗酸化成分です。」

コーヒーの中には、「クロロゲン酸」という抗酸化物質があります。
コーヒーを一日2杯飲むことによってコーヒーに含まれる「クロロゲン酸」が活性酸素を除去、肌ダメージから守ってくれるという、とてもありがたい成分なのです。

ただし、コーヒーは一日2~3杯まで

Licensed by gettyimages ®

コーヒーを飲みすぎると、胃の粘膜に良くありません。
また、緑内障が悪化することもあるそうです。

コーヒー愛飲も量を守れば、肌や健康に役立つ飲料に*

紫外線には一日一杯のトマトジュースを

Licensed by gettyimages ®

1 シミの元となるメラニンの発生を抑える
2 シワ、たるみの原因となる紫外線によるコラーゲンの損傷を防ぐ
3 コラーゲンそのものを増やす働きがある

トマトに含まれるお馴染み「リコピン」という成分が、肌に良いとされていますが、このリコピン、生の普通サイズのトマトだと一日2~3個を食べないと肌効果にあまり期待がもてません。2~3個って、多いですよね…

そこで、トマトジュース!

トマトジュースだとコップ一杯で約2~3個分のトマトが補えリコピンが生トマトより4倍もあるといわれているのです。しかも、トマトジュースのほうがリーズナブルで手軽です♪

紫外線を浴びてからのケア方法は?

澤田先生は、「全部帳消しにはなりませんが…」と切り出します。

一週間に2回、42℃のお風呂に10分入る
皮膚の中にヒートショックプロテインというタンパク質が作られ、肌の中の紫外線によるダメージが回復される。(41℃だと15分間、40℃だと20分間湯に浸かると良い)

夜中の2時には熟睡すること
年齢とともに新陳代謝が悪くなり、メラニンがたまって肌に蓄積されやすいです。夜中の2時は、新陳代謝を促す成長ホルモンが一番分泌されます。

熟睡しやすくするために、寝る前に牛乳を飲むと良いそうです。牛乳には「トリプトファン」という成分が成長ホルモンを分泌、質の良い睡眠を促してくれるそうです。


6 子供の頃、浴びた紫外線が大人になってシミになる?

答えはYES
高橋先生「肌に紫外線を浴びたダメージというのは蓄積されるので、ある日突然、肌老化としてあらわれます

怖い話ですね。一番ゾゾーーッとしたのですが…
一見、色白で肌が綺麗に見えてる女性でも、実は外見では分からないような隠れジミ」が存在するのだとか。

ということは、もうあなたの肌にも将来出てくるであろう「隠れジミ」が、肌の奥で眠っているのかもしれないのですよ。

まいうー体操

「まーーー!」

Licensed by gettyimages ®

家庭でもできる、シワ、たるみを消す方法は、顔の体操をすることです。
そこで、「まいうー体操」

●やり方
大きな口を開けて「まー」「いー」「うー」をそれぞれ10秒間キープ。一回に5セット行います。毎日、朝昼晩で3セット。

年を取ると顔の筋力が衰えるのに加え、それほど表情筋を使わなくなります。
意識して「まいうー体操」をすることによって、表情筋が鍛えられシワ、たるみに効果が表れるのです。

まとめ

今回の放送で、日焼け止めクリームの開封後がわずか半年しかもたないことが分かっただけでも、私にとっては目からうろこでした。なにせ人から頂いた開封後の日焼け止めクリームを使用していましたから。いつ開封したのかも聞けないですしね…

これからの季節、紫外線対策を本格化させて10年先、20年先も肌ダメージのない肌を目指していきましょう☆

この記事を書いたユーザー

随時、松本 このユーザーの他の記事を見る

はじめに*読んでいただきましてありがとうございます!
フリーのライターをしています。
スポットライトでは、自分が興味を持った記事が書けるし、自分の意見も言えるので
とっても楽しいです。もちろん、読んでくださる方が楽しめるように
もっともっと努力していきたいです★

得意ジャンル
  • 話題
  • マネー
  • 社会問題
  • 動物
  • グルメ
  • 料理
  • 暮らし
  • テレビ
  • 美容、健康

権利侵害申告はこちら

Spotlightのライターなら1記事最大3000円もらえる!日本最大級メディアでライターデビューのチャンス