記事提供:Doctors Me

医師が解説する医療・健康サイト「Doctors Me」編集部です。
熊本をはじめとする九州地方で大きな地震が起こりました。
はじめに大きな地震が起きてからまもなく1週間、避難されている方の健康状況がニュースで取り上げられています。

そのなかのひとつ「エコノミークラス症候群」は命を落としてしまう危険がありますが、少し気をつけることで防ぐことができるものです。医師にエコノミークラス症候群について聞きました。

Q.エコノミークラス症候群とは、そもそもどのようなことでしょうか。

エコノミークラス症候群とは、静脈血栓塞栓症とも呼ばれます。
同じ姿勢で長い間座っていたり同じ姿勢をとり続けたとき、主に下肢の静脈に血の塊である血栓(けっせん)ができます。長時間同じ姿勢でいた状態から立ちあがる、歩き出すなど身体を動かしたときに、血栓も血の流れに乗って動きます。その血栓が詰まってしまうことで症状は起こります。

血栓や血塊によって肺の血管に詰まることもあります。これを肺動脈血栓塞栓症といいます。
その場合、呼吸困難を起こす、心肺停止に至ることがあります。

もともとは飛行機に乗って、長いフライトを狭い座席で動かずに過ごした時に起こりやすいものとして知られていました。飛行機以外でも姿勢を変えずに長時間過ごした時はいつでも起きる可能性があります。

Q.症状はどのようなものでしょうか。

下肢が腫れあがる症状が起こります。
血流が止まった部分によって場所は変わりますが、足やひざなどの腫れ、むくみが起こります。

<脚に血栓が詰まった場合の症状>
・むくみ
・筋肉痛のような痛みを発生
座席に座った姿勢を長時間続けた場合には、特に膝の裏あたりの痛みや腫れが起こりやすい特徴があります。特に片方だけの脚の痛みやしびれ、腫れは要注意です。


また、血栓が肺に流れて詰まる肺動脈血栓塞栓症となった場合、息苦しさや呼吸困難などが起こります。
<肺に血栓が詰まった場合の症状>
・軽度:咳や血痰、胸痛、呼吸の息苦しさ
・重度:意識を失う


脳に血栓がつまる場合もあります。
<脳に血栓が詰まった場合の症状>
・手足に力が入らない
・ろれつが回らない
・言葉が出ない
・顏がむくむ
・最悪のケースでは意識を失う
※他の部位に比べて稀ではありますが、上記のように脳梗塞のような重篤な症状を伴います。

Q.もしエコノミークラス症候群になってしまった場合、どうしたらいいでしょうか。

もし、エコノミークラス症候群の症状を感じたら、すぐに病院を受診しましょう。
夜間や休日でも、救急外来をまずは受診することが大切です。

比較的軽症である場合は、血栓を作りにくくする薬を飲む治療方法をとります。血栓の範囲によっては、血栓を溶かすはたらきをする薬を処方する場合もあります。

症状が重い場合には、カテーテルを詰まっている部位の近くまで入れて薬を直接注入する、場合によっては手術をして血栓を摘出するなどの治療がおこなわれます。

Q.エコノミークラス症候群かも、と思ったらどんな対処をしたらいいですか。

片足の腫れやしびれ、違和感などを感じたら、真っ先に医療機関を受診することが大切です。
エコノミークラス症候群になってから自分で対処することでの改善はできません。

まずは予防が大事です。
「足がむくむなあ」という時点でむくみを解消するようにしましょう。

Q.エコノミークラス症候群を予防するためにできることはあるでしょうか。

エコノミークラス症候群を予防するため、以下の2点を心がけましょう。
・水分を十分に補給すること
・適度に身体を動かしておくこと

飛行機の中などでも、少なくとも2~3時間に一回は通路を歩いたり、座席から立ち上がって姿勢を変え、血液を循環させるようにすることが大切です。座席でのストレッチなども有効ですね。飲酒やきつすぎる服装などはエコノミークラス症候群の可能性を高めてしまいますのでやめましょう。

車内などでも同様、十分に水分を補給すること、狭い中でもできるだけ身体を動かすようにすることが大切です。
じっとしているより足を組みかえる、足の指を動かす、足を上下に動かすストレッチ(屈伸など)を取り入れるようにしましょう。

≪デスクワークや同じ姿勢で長時間いる方要注意≫
ニュースでも耳にする【エコノミークラス症候群】診断してみましょう!

最後に医師からアドバイス

エコノミークラス症候群は、誰でもなる可能性があります。
特にお年寄りや生活習慣病、肥満の方は特に注意が必要です。

災害などの場合、恐怖や混乱などでなかなか水分補給や運動がままならない場合もあると思います。
エコノミークラス症候群は予防で防ぐことができるものです。まずはお互いに声を掛け合って予防するように心がけるといいですね。

(監修:Doctors Me 医師)

Doctors Me編集部から

デスクワークで足を動かさない方向けの運動ですが、こちらをやってみることもいかがでしょうか。

≪振り子の運動≫

片手を壁に、反対の手を腰に添え、ゆっくりと脚を前後に振ります。
ヘソからぶら下がっている脚が、重力によって振子運動を始めるようなイメージです。

余計な力は加えません。
足が地面と接触しないよう、脚を振ります。脚を前に放り出すのに合わせて、少し強めに「フ-ッ」と息を吐きます。ゆっくりと大きく、息をリズミカルに吐きながらおこないます。
可能であれば、片脚20回を左右2~3セット行います。
(Doctors Meコラム「デスクワーク病対策にやるべき3つのエクササイズ」より)

この記事を書いたユーザー

Doctors Me(ドクターズミー) このユーザーの他の記事を見る

Doctors Me(ドクターズミー)は、医師、薬剤師、歯科医、栄養士、カウンセラー、獣医に相談できる、ヘルスケアQ&Aサービスです。医師をはじめとする専門家が解説する人気コラム、病気・症状の体験談等を配信中!

権利侵害申告はこちら

Spotlightのライターなら1記事最大3000円もらえる!日本最大級メディアでライターデビューのチャンス