・問題です。

Licensed by gettyimages ®

"死という言葉を使わずに死を表現してみろ"という問題が出されたらあなたはどう答えますか?Twitter上でこの問題にどうこたえるかが話題になっています。

色んな解答が上がってきている中、一つの解答例に注目が集まっています。それは、あるキャラクターを使用した解答方法でした。その解答を見ると誰しもが「なるほど」とうなずいてしまうそうなのですが…

ではさっそく話題の解答たちを確認してみましょう。

1.僕らの街に、名探偵コナンがやってきた!

ええ!

・何も起こらないわけがない

コナンが街にあらわれたら、何も起こらないわけがない!と思わず吹き出してしまう方。

2.【本日ご来賓の方】名探偵コナン御一行様

あああ!結婚式とか宴会の席にコナン御一行様がきちゃったらヤバい!

・爆笑もの

この解答に爆笑する人が続出です。

3.コナン達が同じ旅館に泊まる

それアカンやつ!

4.こんなん言われたら終わる

きゃー!絶対何かある!

・確かに死を連想する

コナンと同じ宿に泊まるってことは…確かに死を連想というか、自分が死ぬかもしれないということも含めて覚悟してしまいますね。

5. 江戸川コナンと知り合った

知り合いになったら事件に巻き込まれること間違いなし。

・「バーロ」からの突然の死

コナンと出会って「バーロ」と言われたかと思ったら突然の死が待っているかもしません。

・コナン=死かい!

Licensed by gettyimages ®

するどいツッコミの嵐がネット上で起こりました。しかしみんな納得せざる得ない様子。

・ところでコナン君はどのくらいの事件を解決しているのか

出典 http://www.amazon.co.jp

数々の難事件を解決しているイメージのある名探偵コナンですが、果たしてどのくらいの事件に巻き込まれているのか気になりませんか?と言うことで少しだけ調べてみました。

ちなみに、2016年04月15日に発売された89巻が原作の最新刊になりますが、時間軸としては1巻から1年もたっていない設定のようです。

原作のマンガ『名探偵コナン』の最新刊86巻時点において、コナンが扱ってきた事件の総数:263件。つまりコナンがいる場所で、1日に約0.72件の事件が発生し、こんなにも多発する事件を、約1日半で解決していることになります。
また、原作での死者数:453名(74巻時点)、アニメでの死者数:334名(631話時点)。つまり、原作では一日に平均1.24名が何らかの事件に巻き込まれ、アニメでは一日に平均0.9名が死亡していることになります。
何より、一日に一件事件を解決したという前提で単純計算すると、コナンは一年間365日のうち263日を事件解決に費やしたといえます。およそ一年間の3分の2! 

出典 http://mtrl.tokyo

驚異の数字!全ての事件が1年以内に発生していると想定した場合、どれほどの事件発生率なのかを計算した結果がこれになります…。こ、コナン君のまわり人が死に過ぎでした!

・コナンだけじゃなくて探偵ものの主人公はみんなそう

探偵のそばには事件が必ず付きまといます。近くにいると事件に巻き込まれちゃうというイメージがついちゃってるんですね。

6.危険すぎるコンビニ

これはヤバい!このメンツヤバい!となってしまいます。ルパンは美女であれば命を助けてくれそうです。

・コナンと金田一は遭遇したら覚悟が必要

"死という言葉を使わずに死を表現してみろ"と問題を出されたら次から迷わず「コナン君に会いました」なんて答えてしまいそうです。コナンと金田一など探偵に出くわした時は、死を覚悟しなきゃいけないんだ…!ということを発見してしまったおもしろ問題でした。

この記事を書いたユーザー

PERUME このユーザーの他の記事を見る

考えさせられる話から面白い話まで…ジャンルにとらわれず自分の心に響いたことを伝えていければと思います。

得意ジャンル
  • 話題
  • 社会問題
  • エンタメ
  • 感動
  • おもしろ
  • ニュース

権利侵害申告はこちら

Spotlightのライターなら1記事最大3000円もらえる!日本最大級メディアでライターデビューのチャンス